電波の悪い山の中で安定して通信をする方法

本日も、山の中で仕事をしています。今回のテーマは、デザリングをしてパソコンを利用するときにデザリングをするスマホをどこに置くと快適に使えるでしょうか?

山の中は、住宅街に比べて電波の状況が悪いです。

ちょっとしたことで72倍以上通信速度が変わりました。本日も実施したところ、50kbps⇒3.6Mbpsと通信速度が変わりました。

電波の良いところは1階よりも2階。部屋中よりも窓側に移動すると良いです。

パソコンの場所はそのままで、デザリングするスマホの場所をなるべく窓側にすると快適です。

 

今回は、以下3点を執筆します。

  • スマホを洗濯ものの所につるす
  • 窓ガラスに貼る
  • 調子が悪くなったら

スマホを洗濯竿の所につるす

スマホをスーパーの袋に入れて洗濯竿につるします。

大抵、日当たりの良い見通しの良い場所なので電波も良好です。

窓ガラスに貼る

コンビニなどで販売している梱包テープで貼り付けます。モバイルバッテリーがあれば、充電しながら使うこともできます。

窓ガラスは大抵あるので、梱包テープさえあればオススメです。

必ず画面を外にしてください。そうしないと梱包テープをはがす時に、ガラスフィルムもはがれてしまいます。

調子が悪くなったら「マナーモード」⇒「マナーモード解除」⇒「デザリング」で復活

電波の調子が良くても、何時間か連続で使うと急に調子が悪くなることがあります。

そんな場合は、「マナーモード」⇒「マナーモード解除」⇒「デザリング」で素早く復活できます。

まとめ:山中でも快適に通信をしよう

今回は、スマホ単独だと出来ないテクニックですが、デザリング端末として使う場合に有効です。

ぜひお試しください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加