(新機種RAVPower 30Wを追加)PD・QC・Qi 充電アダプターのまとめ

RAVPowerから30W USB-C電源アダプタが発売されました。

RP-PC120

比較表

Ankerと似ています。比較すると以下のようになります。

Anker折畳み不可。RAVPower可能。

Anker 30W 35mm 41mm 55mm 53g
RAVPower 30W 42mm 42mm 30mm 60g

 

充電には様々な使い方があります。

私がつかっているのは以下のタイプです。

全部盛りのモバイル電源Satechi USB-C PD 75W トラベルチャージャー QC3.0搭載

一番よく使うようになったのが、PDアダプターです。

次にかなめとなるのがQC3.0です。主にAndroid系であったりQi充電のときに使います。

安価な機器であったり、低速で充電するときにつかわれるのがUSB Aです。

PD充電に必要なワット数

18W

iPhone 8 以降だと18W充電です。iPhone を 30 分で最大 50 % まで再充電できます。

高速充電をするにはUSB Power Delivery(USB PD)を使います。

24W(ご参考)

古いiPadはUSB A接続による24Wです。参考として覚えておきましょう。

30W

iPad mini 5 / iPad Air 3 / iPad Pro 10.5 / iPad Pro 11は、30W充電が可能です。

MacBook (2015年以降)

MacBook Air (2018年以降)

 

折りたためるタイプA

 

折りたためるタイプB

RP-PC120

電源コンセントをたためないため、差しっぱなしの場合に有効

 

iPad Pro 12.9(第2世代/第3世代) 45W

私は、iPad Pro 12.9インチをもっています。45W充電をすると早いです。

オススメ!ブラックモデル登場。窒化ガリウム採用の45W PD

USB PD 45W + USB A 15W

 

60W

61W

13 インチの MacBook Pro (2016年以降)

87W

MacBook Pro 15インチ(87W)

まとめ:最適なPDアダプターを使うべし

IT機器を使う上で充電は、もっともよくする作業の一つです。

最適な充電方法をマスターして、最短で充電をすると効率が良いでしょう。

デバック用: FB:0 TW:4 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 4  このエントリーをはてなブックマークに追加