写真は、全てDropboxに集めよう!

職場や友達との会話で、旅行の話になることは定番です。そんな時に、デジカメで撮った写真を素早く見せたいこともあるでしょう。

しかし、デジカメで撮影した写真は、SDカードのためなかなか閲覧できません。そんな問題は、全てDropboxが解決してくれます。

201408455

Dropboxを使うメリット

  • 自動的に新しい写真ファイルだけを取り込んでくれる
  • パソコン側(Dropbox側)で削除したり移動したファイルは、2度目のインポートの際、自動でコピーされない
  • 写真をパソコンやスマホでも瞬時に参照できる
  • 出先のパソコンでも瞬時に参照できる

事前準備

今回は、以下のことを実施していることを前提に説明します。

  • パソコンとスマートフォンにDropboxをインストール済
  • DropboxのIDを予め取得済

写真の取り込みについて

スマートフォンの場合(余談)

撮影すると自動的にDropboxのカメラアップロードに入ります。Dropboxの売りは、スマホの画面ショットまで自動的に入ることです。ブログを書くときには、重宝します。

ただし、ちょっとだけ設定が必要です。まだの方は、「スマホ画面をキャプチャしてパソコンへ自動転送【Dropbox編】」を参照ください。

デジカメの場合(本題)

ここでの売りは、歴代デジカメの写真のすべてが、一つにまとまることです。まだの方は、括目せよ!

全てのSDカードを集めます。

201408457

パソコンのメモリーカードリーダに差し込みます。

201408458

すると、初めて入れたSDカードの場合、ウィンドウが表示されます。「インポート開始」を押します。

201408459

すると自動的に保存されます。SDカードの数だけ繰り返します。

201408460

 パソコンの場合(余談)

パソコンの場合は、手動でDropbox配下に保存します。スクリーンショットは、自動的に保存することも出来ます。

写真の閲覧について

スマホの場合

Dropboxアプリを起動します。

201408461

カメラアップロードをタップ

201408462

たったこれだけです。写真が大量にあっても非常にスムーズです。スムーズなのは、サムネイルだけでダウンロード量が小さいから。

201408463

Dropboxがインストールされたパソコンの場合

「お気に入り」⇒「Dropbox」⇒「カメラアップロード」がおすすめです。

201408460

出先のパソコンの場合

Dropboxのホームページ(https://www.dropbox.com/ja/)にアセスすることで、スムーズに参照できます。

201408464

本人以外が使うパソコンの場合は、「次回から入力を省略」を必ず外しましょう。

201408467

 

カメラアップロードをクリック

201408465

サムネイル付きで表示されるため、目的の写真がわかりやすい。

201408466

まとめ:Dropboxが一番いい

クラウトサービスの先駆けといえるDropbox。今でも性能と使い勝手は、No1と言えます。

今は、Dropbox、OneDriveの2強の時代だと思いますが、容量あたりの価格以外は、Dropboxが大幅にリードしています。

関連URL

スマホ画面をキャプチャしてパソコンへ自動転送【Dropbox編】

IMG_0285L

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加