一眼カメラの必須技!バウンズ撮影を使いまくれ Nikon スピードライト SB-700

高価ですが、効果も大きいフラッシュライト。

フラッシュライトは、一眼レフカメラを持っている方には、必須といってもいいくらい重要な物です。

そのフラッシュライトですが、カメラに詳しい方なら常識なレベルですが、一般の方にも知って欲しいのがバウンズ撮影です。バウンズを使うことで自然でやさしい感じになります

×フラッシュを直接当てると、被写体は、明るくなりますが、背景が暗くなってしまいます...

20150208r32

○バウンズ撮影することで、背景も均一の明るさに。やっぱこれだね!

20150208r34

バウンズ撮影とは

天井の壁を利用して、撮影します。天井に向けてフラッシュをして、その反射で被写体を明るくします。自分がするのは、フラッシュライトの向きを変えるだけ。他は、カメラが自動的に制御してくれます。

20150208r35

天井は、白色でないと綺麗に反射しません。天井がない場合や、天井が高い場所にある場合には、残念ながら使えません。

20150208r36

バウンズが使えない場合

天井が茶色とかで、バウンズできない場合は、拡散させるのも手です。

20150208r40

バウンズに比べ、若干背景が暗いですが、利用できない場合に有効です。適材適所でご利用ください。

20150208r41

まとめ:フラッシュライトは有効だが、すべてではない

高価な機材ですので、予算に余裕がない場合は、LEDライトをご利用ください。

LEDライトが不要になったのではありません。フラッシュライトによってLEDライトを使う割合が減ったと言うことです。

フラッシュライトとLEDライトを併用する技もあります。

一眼レフをお持ちの方にオススメ!

テキストも必須

フラッシュの使い方がよくわからなかったため、本書を購入。機種ごとに若干、異なるため、他機種の説明が邪魔に感じるときもありますが仕方がないところでしょう。本屋で見つからなかったのでKindle版を購入

関連URL

詳しくは、を参照ください。

 

LEDライトについては、こちら↓。

ブロガー必須知識!カメラのライトについて

フラッシュライトを使う意外に普通のライトを使うのも手です。出先だと結構面倒ですが、家の中なら実用レベル。

120140309r63

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加