初めてでも出来たホタル写真の合成!Photoshop CC 2015によるコンポジット作業

ヒメホタルの撮影を7月15日に実施しました。

詳しい撮影方法は、「【D5300】初めてでも出来た!ヒメホタルの撮影方法」を参照ください。初めての撮影だったため、反省点はいくつもあります。

20150702r152

コンポジット作業

複数の写真を一つにすることをコンポジットといいます。

以下の3ステップで完成します。それでは、順番に説明しましょう。

  • 背景の画像を加工する
  • ホタルの画像を取り込む
  • レイヤーを合成する

背景の画像を加工する

ホタルの光だけだと寂しい感じになります。薄暗い背景を、予め撮影することで、奥行のある作品になります。

薄暗く撮影できたとは言え、ホタルの光の背景には明るすぎます。もっと暗くしましょう。

20150702r154

Photoshop CC 2015で開きます。

[Ctrl]+[M]または、「イメージ」⇒「色調補正」⇒「トーンカーブ」を指定します。

20150702r158

トーンカーブは、簡単に画像の「濃度・階調・彩度」をコントロールできる優れたツールです。Photoshopを使いこなすうえで必須のツールです。

ここでは、あえて詳しく説明しません。知りたい方は、マスト本「Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC対応】」の178-181ページを参照ください。

20150702r159

早速修正しましょう。明るい部分を無くすために、下の図のようにトーンカーブを移動します。

20150702r161

すると全体が暗くなるため、以下のように黒でつぶれます。

20150702r162

黒につぶれた部分を改善しましょう。以下の図のようにドラックします。

20150702r163

以上で、明るさを抑えた程よい画像が完成しました。

20150702r158

ホタルの画像を取り込む

沢山の画像をレイヤーとして取り込みます。明るい部分が残る仕組みの為、失敗した写真は、予め削除しておきましょう。

×撮影中に車が通ったため、ライトが写ってしまった例

20150702r159

先ほど作成した背景の上に新しいレイヤーを追加します。

「ファイル」⇒「スクリプト」⇒「ファイルをレイヤーとして取り込み...」を選択します。

20150702r164

「参照」をクリックします。

 

20150702r166

ホタルの写真を全て選択しましょう。背景画像も含めます。先頭の写真をクリックします。次に、最後の写真を[Shift]キーを押しながらクリックします。そして「OK」ボタンです。

20150702r169

「OK」ボタンを押します。

20150702r168

以上で、すべての画像を1つのファイルとして取り込むことができました。

次の作業のために先頭のレイヤーをクリックします。

20150702r171

レイヤーを合成する

一番したにスクロールして、[Shift]キーを押しながら、一番したのレイヤーをクリックします。

20150702r172

最後に、レイヤーを合成しましょう。

「通常」をクリックし、「比較(明)」を選択します。

20150702r173

これで明るいレイヤーが目に見えるようになります。

20150702r152

ファイルを保存します。

「ファイル」から「別名で保存」を選択。必ずPSB形式で保存してください。従来の形式だと、2GByteを超えてしまうため、保存できません。

まとめ:ホタル撮影でコンボジットは、必須作業

慣れると5分でできます。ホタルを撮影する方は、ぜひ、マスターしてください。Photoshopをお持ちでない方は、GIMPで作業しましょう。

関連書籍

ホタルの撮影方法も明記されています。

Photoshop本と言えばこれ!

デバック用: FB:2 TW:3 Po:6 B:2 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加