Amazon販売開始!ForeAthlete 935が5月18日に発売!

ついにAmazonから発売されましたので本記事をアップデートしました。

GARMIN ForeAthlete 620Jを愛用していました。

2年半ぐらい使ったところ電池の持ちが悪くなりました。

 

ガーミンは、悲しいことに電池交換ができません。電池交換に1万5千円ぐらいかかるようで、電池交換をするぐらいなら後続の「ForAthlete 630J」を23,666円購入した方が良さそうです。

 

完全に解決してくれるForeAthlete 935

今回の最大の売りは、同梱された「Running Dynamics Pod」です。腰につけることで、ランニングのピッチ、歩幅、接地時間やバランス、上下動、上下動比など非常に詳細なデータの測定や自分の走りの改善点を教えてくれます。心拍数は、腕に搭載されている光センサーで行います。

従来の製品だと、HRM-RUNを装着する必要がありました。赤い部分をみぞおちに来るように装着をすることで、心拍数、上下動などのデーターが習得できます。詳細のデーターがわかりますが、胸につけるのが面倒で違和感がありました。

 

今なら4択

お好みで以下の4択となるでしょう。

マラソンに必要な機能だけなら、ForeAthlete 220J 16,500円

心拍数を把握して、強度を視覚的に確認したいなら、ForeAthlete 235J 35,769円

ランニングのピッチ、歩幅、接地時間やバランス、上下動、上下動比など詳細なデータを取得したいなら ForeAthlete 935 57,800円

(非推奨)HRM-RUN装着を装着しても安価に詳細なデータが欲しい方 ForAthlete 630Jセット 28,438円

長野マラソン用にGARMIN ForeAthlete 235Jを購入

長野マラソンの1週間前に、620Jの電池の持ちが悪くなっていることに気が付きました。

時間がないため、GARMIN ForeAthlete 235Jを購入しました。35,769円です。

液晶が620Jより大きくなり、わざわざHRM-RUN装着を胸につけなくても心拍数がわかります。快適です。

VO2Maxやリカバリータイムがわかるのは、大きな魅力です。購入して正解でした。

心拍系が不要ならば、ForeAthlete 220J 16,500円と安くできますし、もっと詳細なデーターを取得したいなら、ForAthlete 630J+HRM-RUN装着があります。

まとめ:通常ならForeAthlete 235J 35,769円で決まり

こだわるなら、ForeAthlete 935となりますが、57,800円(税別)は、高価ですね!

ForeAthlete 235J

ForeAthlete 935

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加