安心・安全を手に入れろ!Googleの2段階認証を実施しよう

昨日、「2段階認証を徹底して、情報漏えいや事故を未然に防ごう!」をポストしました。第一弾として、Googleアカウントを2段階認証します。これで不正に悪用される可能性が大幅に減少します。

初めての端末でログインするとにひと手間いりますが、パスワード管理で心配するより、精神衛生的にいいです。

20141028r52

Googleの場合は、新たなパソコンやスマートフォンからログインするときに、「テキスト メッセージ」、「音声通話」、「モバイルアプリ」を介してスマートフォンか携帯電話からコードが送信されます。

スマートフォンが利用できない場合の対策として、接続ができなくてもできる「Android 版、iPhone 版、BlackBerry 版の Google 認証システム アプリ」やUSBポートにキーを接続することで認証することもできるようです。

ご参考:Googleサイトの説明(本家)

必要な理由
仕組み
保護の仕組み

わずか5分!実施方法

「使ってみる」を押します。

20141028r42

「設定を開始」を押します。

20141028r43

コードの「受け取り方法」考えます。携帯電話のメールも選択できますが、私は、MVNOを使用して、月々1,600円のIIJMIOで運用しています。詳しくは、「IIJmioとドコモ iPhone 5sで始める!月々1,040円生活」を参照ください。

今後も携帯電話のメールは、使わない予定です。私の場合は、「電話番号」を入力し、「コードの受け取り方法」として「音声通話」を選択。

20141028r44

するとGoogleから電話がかかってきます。6桁の数字を教えてくれます。
※余談、思いっきり撮影は、失敗

20141028r54

電話で聞いた番号を入力!「確認」ボタンを押します!

20141019r80

信頼できるパソコンとして登録!

ログインする際にコードの入力が求められるのは、信頼できないパソコンや端末の場合だけです。スマートフォンを紛失した場合は、アカウント設定で情報をいつでも変更できます。

20141028r47

「確認」ボタンを押します。

20141028r48

ここは、調査中。少々お待ちください。

20141028r50

書いてあるとおりだと思うのですが、よく解らないですね。

20141028r55

選べる端末の種類

20141028r56

アプリ

20141028r57

生成→完了を押しておきます。

20141028r58

以上で、終了です。2段階認証プロセスが有効になっていること。パスワードが変更されたり、不審な操作があると連絡されることも確認できます。

いつでも「https://www.google.com/settings/security」にて確認できます。

20141028r51

アプリパスワードがあれば、より簡単に認証番号が手に入ります。設定しておくと便利です。
Googleから電話がかかってきます。

まとめ:わずか5分×端末の数で超安心を

どんなに自分が気を付けても、Adobe IDのように、管理元が原因で漏えいすることがあります。パスワード管理に怯えて過ごしていましたが、わずか5分でできる安心!あなたならどうしますか?

端末の数だけ、一度だけ、2段階認証を実施する必要があります。私の場合は、10台以上持っているので大変だ~。

また、端末が増えるたびにするので、う~ん大変♪

関連URL

Googleの2段階認証が出来ない場合の対処方法!iPhoneなどで有効!

20141102r18

2段階認証を徹底して、情報漏えいや事故を未然に防ごう!【準備編】

20141028r37

 

デバック用: FB:0 TW:2 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加