超便利機能を紹介するよ!Greenshotには、強力なイメージエディターがある

私が毎日使っているソフトの一つ、画面キャプチャーのGreenshot

いままでは、画面キャプチャーだけに使用して、あとはAdobe系のソフトを使用していました。
ご質問を頂いて、強力な編集機能もあることを、逆に教わりました。

紹介しないのは、勿体ない。以下のような説明画像も簡単にできます。

20150119r25

これから超便利機能を紹介するよ!インストール方法は、「Windows8の画面ショットを撮る【Greenshot詳細レビュー】」を見てね!

イメージエディターを起動するように変更する

画面キャプチャー後に、編集できるように設定を変更します。

20150119r26

キャプチャーしてイメージエディターを起動する

早速、操作しましょう。初期値では、「Print Screen」キーでキャプチャーできます。始点と終点を、カーソルで操作すると便利

始点の設定:キーボードの上下左右矢印で微調整する。完璧にあったら、マウスボタンを押す。
終点の設定:マウスボタンを押したまま、キーボードの上下左右矢印で微調整する。完璧にあったら、マウスボタンを離す

20150119r28

終点までドラッグすると、自動的にイメージエディターが起動します。

20150119r29

ここで驚くべきところは、マウスカーソルまでキャプチャーするようにすると、ドラッグでマウスカーソルの位置を移動することができます。スゴクない!

20150119r30

項番をふるなら番号のアイコンをクリック後、項番を振りたいところをクリックするだけ!

20150119r31

四角、丸、矢印は、超得意。レイヤーで分れているので再編集も楽々。

20150119r33

エフェクトをかけて、お洒落な感じにもできます。

20150119r34

エフェクト(破れたエッジ)出力結果

20150119r35

トリミングとリサイズもあるよ

20150119r36

まとめ:無料で結構使える!

特に、番号の項番は、Adobe製品よりもかなり使えるような気がします。こだわる人は、Adobeで決まり!

関連URL

Windows8の画面ショットを撮る【Greenshot詳細レビュー】

20130806

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加