ゴミ本「400万人に愛されるYouTuberのつくり方」を読んでみた!

前回、HIKAKINファンのみ必見の「僕の仕事は YouTube 」を読みました。2014年5月14日のことです。

買う気はしないので、買わないで友達から頂きました。噂通り、本当にひどい本でした。

20141201r15

今回の内容

無駄な投資は、したくないので本屋で一瞬立ち読み。おっ日経BPが関わっている前より良くなっていると思い購入。さてその内容は!

1章 Youtubeで人生が変わった

前回本に比べて、かなり良くなりました。前回が、まぁあまりにも酷すぎたってのがありますが。
自画自賛本であることは、否めないですが、Youtube素人の私にとって為になる部分もありました。

2章 日本初のユーチューバー専門プロダクション

単なる自社のPR本でした。「400万人に愛されるYoutuberのつくり方」とは程遠くためになりません。

3章 ユーチューバーを支援するGoogle

単なるGoogleの紹介

4章 uuum所属ユーチューバー名鑑

単なるスタッフのPR。見たことがある濃すぎる人たちが紹介されていました。ただ、この濃すぎる人たちが、始めたきっかけがわかって良かった。

この本は、ゴミ本?

ゴミ本と書いたのは、Amazonのコメントからです。私の主観ではありません。

毎日、動画を公開するのは半端なく大変です。私は、この人を偉いと思います。通常ならできないことです。しかも、このクレームの嵐。普通の人なら病んでしまいます。

精神的な強さを感じます。

20141201r17

まとめ:摩擦を起こせ

1章しか、内容がなく騙された感があります。しかし、買ってしまった以上、ヒカキンの勝利で私の負けでしょう。

私は、誰にでも好かれてスルーされるよりも、ヒカキンのように摩擦が起きることが重要だと思っています。彼の貪欲さは、いつも感心します。

これだけ稼いでいるのだから、もう少し、時間とお金をかけて、いい本にすればいいのになぁ。

 ぜひぜひAmazonのコメントを読んで!

ボロクソ書いてありますので...

関連URL

HIKAKINファンのみ必見の「僕の仕事は YouTube 」を読んでみた!

20140506r36

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加