その他

iPhone 11 Proにて楽天モバイルのeSIMを使ってみた

我が家では以下のように使います。

  • サブスマホのGoogle Pixel 5を楽天モバイルからIIJmioに
  • メインスマホのiPhone 11 ProをIIJmioから楽天モバイル(eSIM)に
  • 110円スマホは娘のスマホとして楽天モバイルで
    ※Pixel 3が無念にも楽天モバイルで使えないため

110円スマホが使いたくて交互にMNP

110円のスマホを使いたくてGoogle Pixel 5を楽天モバイルからIIJmioにMNPしました。

このテクニックを使うことで110円で楽天用のスマホをゲットしました。SIMフリーでした。

110円スマホはゲットできましたが、楽天モバイルの月々0円から980円に月々の支払いが値上がりしてしまいました。

そこでiPhone 11 ProをIIJmioから楽天モバイルにすることで980円から0円にします。

楽天モバイル

以上で楽天モバイル用のスマホを110円でゲットして、月々の支払いをそのままにしました。

MNPの転入・転出は2021年4月から無料になりました。

地味に助かります。

私は、業務上2つのキャリアが必要です。キャリアごとの速度の違いやトラブルシューティングの際にも使うからです。

楽天モバイルは、SUPをゲットするために必要

楽天モバイルは、SUPをゲットするために必要な作業です。iPhoneのeSIMで試してみました。

ただ、難点があって「楽天モバイルキャリ決済(Androidのみ)+0.5%」が使えません。eSIMにしたため一時的にSIMを交換する裏技もできません。

今回はeSIMを使うことを目的としたため、他のデメリットは、あとから対処をするとして試してみました。

eSIMなら即日対応と思っていましたが1日かかります。翌日にクロネコヤマトで郵便物が届きます。

※住所確認のためです

申し込みは超楽

eSIMといっても通常のSIMと手続きは待ったく同じです。

「MNPお申込み」をクリックします。

 

「プランを選択する」をクリックします。

このときに全てが0円になっていることを確認してください。1回線目を楽天モバイル⇒IIJmioにMNPしてからでないと費用が980円発生することになります。

 

「eSIM」を選択後、「この内容で申し込む」を押します。

もし、新たにiPhone 12シリーズを購入する場合は、上の「製品選択へ進む」をクリックです。

 

私は、いつも書類画像をアップロードしています。「次へ進む」をクリックします。

 

「他社から乗り換え(MNP)」を選択しました。

 

お支払いは好きな物を選んでください。「次へ進む」をクリックします。

 

「この内容で申し込む」をクリックして終了です。夜に申し込んだら、翌日にコロネコで発送されました。
※eSIMだから郵送がいらないと思ったら大間違いでした。

 

翌日に到着

内容は、至ってシンプルです。操作方法が記載されています。

 

スタートガイドの裏には、QRコードが掲載されています。

eSIMにするには、使いたいスマホでQRコードを読むと完了します。

 

実際の操作について

STEP1 アプリのインストール

my楽天モバイルアプリのインストール

楽天Linkをインストールします。

STEP2 QRコードの読み取り

カメラアプリを使ってQRコードを読み取ります。

STEP3 MNP転入手続きを実施

マニュアルと画面がデザインも場所も違って混乱しましたが、以下で良かったようです。

「転入を開始する」は合致していますね。

楽天モバイルの場合は、「My楽天モバイル」アプリでボタンを押すと切り替わります。

STEP4 古いAPNを削除する

IIJmioのAPNを削除するとのことです。

eSIMとSIMの両方を使いたい時は、どうするのか疑問に思いました。

STEP5 楽天回線の開通手続き

マニュアと違って、う~~んな感じですが、適当にやって出来ます。

備忘録

2点、参考になればと思い記載します。

反映には7時間ほどかかる

半日ほど経過しないと「my楽天モバイル」アプリから電話番号が見えない。

実は、楽天モバイルを3回線も転出や解約をしています。新しい番号が見えないです。

 

約7時間ほど待ったら新しい電話番号が見えました。

 

古いSIMは抜く必要がある

eSIMになったためIIJmioのSIMは、放置で良いかと思っていたら駄目でした。

入れたままなら「主回線:圏外」が表示されてしまいます。

 

まとめ:eSIMは簡単

eSIMは、とても簡単です。

ただ、本体を変えるのに2営業日かかりそうなので、スマホが壊れた時の対応は、SIMだと煩雑だと感じました。

※eSIMで壊れた時の対応を別途調べなければ

IIJmioと楽天モバイルを使いこなすと何気とよさげです。

楽天モバイル

-その他

© 2021 PCまなぶ