iPhone X / 11で素早く撮影する

iPhone Xで撮影しようするときに、認証画面でカメラボタンを押しても反応しません。

iPhone Xは、タップだとカメラモードに変わらず、画面を軽く押し込む「Peek」であれば、カメラモードに変わるようです。

「3D Touch」の搭載により、タップ以外に画面を軽く押し込む「Peek」と、さらに強く押し込む「Pop」というアクションが追加されました。

 

対してiPhone 11では、「3D Touch」が廃止されたため、長押しで対応できます。

スライドしてもカメラに代わる

小さなカメラアイコン押す操作は、大変です。

そこで画面を左へスワイプしましょう。同様にカメラに代わります。

iPhone 11でも有効な技です。

 

操作中に撮影したい場合は、どうでしょうか?。たまたま画面上にカメラアイコンがあれば良いのですが、探して押すのは面倒です。

そこで電源ボタンを押して認証画面を表示して「カメラアイコンを押す」か「スワイプ」が最速と考えています。

 

余談ですが、ホーム画面のカメラアイコンを、さらに強く押し込む「Pop」というアクションをするとショートカットが表示されますが、普通に操作した方が早いような気がします。

iPhone 11の場合は、長押しで対応します。

まとめ:iPhoneシリーズのカメラ起動はマスト知識

カメラのpeek操作を知っていれば、同様の操作でライトも素早く使えるようになるため有効です。

必ず押さえておきましょう。

デバック用: FB:4 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加