【レビュー】ルートアール QC3.0対応 USB多機能チェッカー RT-USBVAX

USB-PDおよび QC3.0など新規格のの乱立により、思ったように充電できないことを経験するようになりました。そこでバッテリーチェッカーの出番です。

今なら以下の2タイプを持っていると良いでしょう。

  • QC3.0対応の USBチェッカー
  • USB-CのUSBチェッカー

Quick Chargeにもいろんな企画

非常に困惑します。

  • Quick Charge 2.0 Class A (5V/9V/12V)
  • Quick Charge 2.0 Class B (5V/9V/12V/20V)
  • Quick Charge 3.0 (3.6V~20V。200mVごとに調節)

日本ではまだ未対応

  • Quick Charge 4 (3.6V~20V。20mVごとに調節)
  • Quick Charge 4+ (3.6V~20V。20mVごとに調節)

何ボルトで充電しているか

Quick Charge 2.0以降のチェックポイントでは、何ボルトで充電しているかがポイントとなります。

例えば、ワイヤレス充電の場合、5Vだと通常充電。9Vだと高速充電となります。

フル結線でないと9V充電にはなりません。

詳細は、『【Qi】iPhone Xの登場で再び注目!ワイヤレス高速充電』を参照ください。

今回は、9.17V×0.77Aのため7.1Wで充電されていることになります。

使用したチェッカー

いろんなチェッカーがあるなかで定番は、ルートアールでしょう。

見た目で判断してはいけません。同じようなチェッカーでも正常に計測できないメーカーがあるので要注意。

詳しくは『電圧・電流チェッカーは見た目で買うな!RT-USBVA1』を参照ください。

まとめ:チェッカーがあると便利

スマーフォンが登場した当初、AndroidとiOSの相性問題によりスムーズに充電できないことが多発しました。

また、ケーブルの品質によって性能に差ができることもありました。

しばらく安定して使えていた充電ですが、次々と新しい規格が登場し上手くできないことも発生しています。

そんな場合は、チェッカーで確認すると安心です。

デバック用: FB:0 TW:4 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 4  このエントリーをはてなブックマークに追加