花火の撮影などはVR(手振れ補正)をOFFにして三脚を使おう!

難しいと思っていませんか!花火撮影のコツ Nikon D5300」で紹介させて頂きました記述に誤りがありました。

手振れ補正は、とても頼もしい存在ですがOFFにした方が良いときもあります。

201408437

三脚を使うときはVR(手振れ補正)ををOFFで

昨日、ご指摘を受けたときにびっくりしました。

はじめまして!
いつも楽しく拝見させてもらってます!

三脚を使う場合はVRは誤動作のすることがあるのでOFFにした方がいいですよ(^^)

201408435

Nikonのホームページに明記

このVR誤操作ってなんだ。なぜなんだ~

まずは、Nikonのホームページに明記されています。OFFにした方がいいことは、間違いありません。
※読むと「種類によってONのままいける!」と書いてありますが、50万円を超えるようなレンズのことです...
http://imaging.nikon.com/lineup/lens/concept/vr/jp/experience/tips/nightscene/

201408438

間違えてVRにすると...

明確な違いが書いているページがありませんでした。比較写真があると嬉しいのですが。
⇒知っている人教えてください

以下のようなケースがあるようです。

  • かえって手振れするときがある
  • 画質がわずかに劣化する

 

まとめ:ボツ写真の割合を減らすこと

上級者と初級者の大きな違いにボツ写真の量があるでしょう。上級者の方が、無駄な撮影が少ないです。

そしてプロになると確実に撮影します。

たまたま上手くいった!ではなく、上手くいかない可能性を減らすこと!これが重要だと、思います。

その一つとして、花火の撮影などはVR(手振れ補正)をOFFにして三脚を使おう!

これは、マスターした方が良いでしょう。

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加