スマートフォンの落下防止に!ハンドリンカー

普段、スマートフォンを落としまくっても気にしませんが、ガチで気を使うのがリフト上でのスマホ操作。

誤ってスマートフォンを落としたら探し出すのが難しいです。

そんな時に使いたいのがハンドリンカーです。

首からかけるタイプで圧倒的にシェアがあります。

ハンドリンカーの特徴

  • 1秒でスマホを脱着できる
  • 内側のリングが回転するベアリング構造
  • デジタルカメラやカードも脱着できる
  • 迷ってしまうほどの豊富な種類(泣)

1秒でスマホを脱着できる

ハンドリンカーの特筆すべきところです。ボタン一つで外すことができます。

また、わっかを押し込むと付けることができます。

内側のリングが回転するベアリング構造

使うとわかりますが、ベアリングがないと引っかかるのですが、内側のリングが回転するためスムーズです。

デジタルカメラやカードも脱着できる

リング単体でも販売されているので、別途リングを購入することで必要に応じて、ぶら下げる物を変更することができます。

リングは、20mm・22mm・25mmがあり互換性がありません。誤って買わないようにしてください。

 内径20mmタイプのベアリング

 内径22mmタイプのベアリング

22mmタイプは、「Putto(プット)」の文字列があります。男性にも向いているとのこと。手も大きい私でも20mmで平気でしたが22mmだともっと良いかもしれない。

迷ってしまうほどの豊富な種類(泣)

プログを書いて理解しました。以下の組み合わせから選んでください。

  • 20mm or 22mm Putto
  • カラビナリング or ベアリング
  • 平ヒモ or 丸ヒモ
  • 好みでディズニー / パステルカラー

カラビナリングもある

カラビナリングもあり、それぞれ20mmタイプと22mmタイプがあります。カラビナリングは、どこでもかけられるメリットがあります。

製品の形状上ベアリング機能はありませんが、下の所が回転します。

平ヒモ採用タイプもある

丸ヒモと平ヒモがあります。平ヒモタイプの方が首にあたる面積が大きい分、負担が分散され優しいです。

色も形もいろいろ

例えば、上記の平ヒモタイプだと8色あります。

ディズニー キャラクターもあり

モノクロタイプのディズニー キャラクター』もあります。

 

パステルカラーもあり

まとめ:落下防止に有効

いろんな楽しみができて有効と感じました。

お好みで使ってください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加