4K UHD再生・コピー・リッピングに最適!コスパ最強のBlu-rayドライブ BW-16D1HT

映画をBlu-rayで見ることはありません。いつもAmazonで購入して見ています。

ただ、技術者としてパソコンで4K UHD再生できるか否かは凄く興味があります。

上『HLDS BDXL対応 内蔵Blu-rayドライブ バルク ソフト付 BH14NS58 BL BLK』7,364 円

下『HLDS BDXL対応 内蔵Blu-rayドライブ バルク ソフト付 BH16NS58 BL BLK』8,677円

 

今回は、新たにBW-16D1HTを買いました。私が購入したのは、PowerDVDなし版です。

PowerDVDなし:7,388円

PowerDVDあり:9,889円

 

今回の目的

4K UHD再生ができるBlu-rayドライブを持っているため私には不要です。しかし、以下の2から4のことが気になって仕方がありません。

早速、職業病で調べることとしました。

  1. BW-16D1HTのレビュー
  2. 素の状態で4K UHDが再生できるか否か
  3. USB接続でDVDFab UHDドライブツールを使ってファームウェアをダウングレードする
    ※BW-16D1HTのダウングレードをする
  4. ダウングレードした状態で4K UHD再生する

BW-16D1HTのレビュー

なんとバルクではない。

勝手にてLGのようにプチプチ君に入って送られて来ると思ったら大間違いです。

立派な箱に入って送られてきます。梱包も完璧です。

パッケージは、英語100%ですが、中のマニュアルは日本語で記載されています。

 

CDが入っていました。

 

なんとPower2Go 8がバンドルされています。

 

デザインは、微妙です。

LGさんのように何も書いてない方が好きです。

 

表も、丁寧に書いてあります。

 

製造は、2019年5月20日です。

 

記載は、完璧です。

 

背中は、シンプルです。

 

今時のパソコンは、Blu-rayライブを入れる場所はありません。

USB経由で繋ぎます。

 

素の状態で4K UHDが再生できるか否か

早速、次のステップを試しましょう。

 

DVDFab Player 6で再生できるか確認です。やはり反応しません。

おそらく大人の事情から4K UHDディスクを入れると無視をするようになっているようです。

この現象は、LG製品と共通です。

 

USB接続でDVDFab UHDドライブツールを使ってファームウェアをダウングレードする

ファームウェアをダウングレードすることで解決できます。

それでは、次のステップとして、DVDFab UHDドライブツールを使って実現しましょう。

使い方は、『DVDFab UHDドライブツールが誰でも使えるようになった』を参照ください。

 

3.01にしても大丈夫なようですが、初期値の3.00にしました。

 

注意事項を良く読んでから「続き」をクリックします。

 

無事にダウングレードが出来ました。

「コンピュータを再起動」します。

 

4K UHDディスクを再生する

無事に読めるようになりました。

 

詳しくは、『DVDFab Media Player 6の使い方について』を参照ください。

 

4K UHDディスクのコピー・リッピングも出来る

DVDFab Playerを使って4K UHDディスクの再生ができれば、DVDFabを使って4K UHDディスクのコピー・リッピングも出来ます。

DVDFabの購入は合法です。

映画の複製は、違法になりますので絶対にやらないでください。

ご自身で撮影・作成した結婚式・スキー練習・野球試合であれば、合法として複製が出来ますので、法律を守ってお楽しみください。

複製するだけなら、違法ではありますが刑罰の対象ではありません。

しかし、実際にそれらをほかの人に譲渡または貸与したりする場合には、刑罰として「3年以下の懲役または300万円以下の罰金(またはその両方)」が科せられることとなります。

 

まとめ:コスパ最高のBlu-rayドライブ

本ドライブの唯一の欠点は、デザインだと思っています。許せるなら購入ください。

 

デザインが許せないなら以下を買いましょう。

BH16NS58とBH14NS58は、読み取り性能が同じです。

デバック用: FB:5 TW:1 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加