【レビュー】MS Officeも引っ越しできる! EaseUS Todo PCTrans Pro 10.5

PC引っ越しソフト EaseUS Todo PCTrans Pro 10.5をレビューしました。

個人的に面白いと思ったのがアプリも引っ越しできる点です。

対応アプリケーション

Excel , Wordなどのオフィスソフトが引っ越しできるとは凄いです。

  • MS Office
  • Adobe Reader XI
  • Adobe Photoshop Lightroom
  • AutoCAD
  • Thunderbird
  • iTunes
  • Dropbox
  • Skype
  • など

今回私がやったこと

旧パソコンDESKTOP-PCから新パソコンRGEEK-PCへアプリとデータを引っ越すことです。

その中でも一番の目的はMS Officeの引っ越しです。

新PCには入っていません。

使用方法

EaseUS Todo PCTrans 製品版 10.5』に移動します。

「無料ダウンロード」をして実行します。

 

「今すぐインストールする」をクリックします。

 

「今すぐ始める」をクリックします。

無線だと通信速度が遅いため時間がかかります。有線に出来る方は、有線にしてください。Wi-Fiでする場合も電波状況が良いところで初めてください。

 

ライセンス認証を終わらせます。「アップグレード」をクリックします。

 

「ライセンスを入力」をクリックします。

 

上手くできるとプロに変わります。

 

「PCからPCへ」は、ネットワークで行う方法です。

物理ディスク経由で行うなら「イメージ転送」です。

同じパソコンでCドライブからDドライブに移動したい場合は、アプリの移行です。

「PCからPCへ」をクリックです。

 

「続ける」をクリックします。

もう一台のパソコンで同じことします。

 

転送元のパソコンで実施しました。

 

雰囲気でわかるので問題ないかと思いますが、補足です。

ここでの注意点は、ログインアカウント名がユーザープロファイルにてなっている点です。例えば、マイクロソフトオフィスアカウントがyamaguchi@gmail.comならログインアカウントは、「yamag」になっていると思います。

もう1台のパソコンのパスワードを入力して「OK」を押します。

 

間違えると大惨事になるので、慎重に選んでください。

 

あとは、待つだけです。

ネットワークの環境がわるいのかMS Officeの引っ越しだけで1時間ぐらいかかりました。

 

無事に終わりました。

 

Office 365では、起動するとラインセンス認証がかかりました。orz

なんとなくOffice 2019でもかかるっぽい。

まとめ:普通なら引っ越しできないアプリが引っ越しできる

手作業でやるからいいと思っていましたが、手作業だと不可能なアプリが存在します。

そんな場合は、本ソフトをご利用ください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加