Windows 10 「設定」からフォントの設定ができる

次期Windows(大型アップデート後)からフォントの設定が、「設定」ウィンドウでできるようになります。

 

2018年1月24日に「Windows 10 Insider Preview Build 17083 for PC」が公開されました。

今回の最大の売りは、「設定」ウィンドウでフォントの管理ができるようになったこと。

Microsoft Storeからフォントの購入ができる

Microsoft Storeからフォントの購入が可能になりました。

 

確認したところ無料の英語のフォントが少数あるだけでした。

今後に期待です。

 

参照方法

[Windows]+[I]で「設定」ウィンドウを開きます。

「個人用設定」をクリックします。

 

「フォント」グループを選択します。

 

日本語や漢字だけのフォント表示もできますが、動作するのはマイクロソフト提供のフォントのみです。

例えば、Microsoft Office をインストールするとインストールされるHG系(リコー社製)は日本語として表示されません。2018年1月26日現在

 

フィルターを全ての言語に戻し、HGで検索するとリコー系を導き足すこともできます。

 

フォントの表示順は、コード順です。日本語のHG系は、真ん中ぐらい。マイクロソフト提供のフォントは、UDや「MSゴシックなどMSの全角」があるので後半に表示されます。

 

HG系には、「デザインの言語」のメタ情報がありませんね。

まとめ:フォントを使いこなせ

フォントを知ることは、パソコンを使いこなすことにつながります。

フォントは、本当に大切です。

 

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加