Windows

最安の超小型パソコンを自作する(Intel版)

Mini ITX Intel版 第10世代最安構成

最新の情報に更新します。

部品 型番 価格
CPU Celeron G5900 4,180円
マザーボード ASRock H410M-ITX/ac 13,109円
DDR4 4GB JM2666HLD-4G 1,875円
M.2 GamerKing M.2 2280 SSD 128GB 2935円
ケース HTPCケース 5,390円
電源 キット zmart DC-ATX-160W 2,064円
ACアダプター 汎用アダプター12V  120W 1,800円
合計 31,353円

CPU・マザーボード

第10世代で一番安価なCPUは、Celeron G5900です。Celeron G5900だと2コア・2スレッド 3.4GHzと今となっては心許ないです。メモリは、DDR4-2666です。

第10世代が使えるチップセットは、Z490 / H470 / B460 / H410があり一番下は、H410になります。

メモリ

メモリは通常2枚セットで購入するものですが、安さと8MBへの拡張性を考えて1枚にしました。

必要に応じて2枚にしてください。

※1枚でも問題なく動作します。2枚入れることでメモリの容量と転送速度が2倍になります。同じ容量で1枚から2枚になっても体感できるほどの違いはありません

M.2

予算から128GBとしましたが500GB以上が良いと思います。

PCケース

電源キットとアダプター

電源キットとアダプターとアダプターはセットで考えましょう。

1年間に4台の自作パソコンを作りました。

CPUとマザボを変更するだけでRyzen版を作ることもできます。

 

最強・最安・超小型パソコンを自作!Corei9-9900 8コア 16スレッド 高さ65mm』も良かったらご覧ください。

 

(余談)ベアボーンでもっとも小さいのはASRock Intel H310 / A300

対応しているCPUを確認してご利用ください。

H310がIntel系 第8世代Intel CPU

A300がAMD系

(本題)Mini-ITXでもっとも小さいパソコン

最初から最強・最速のパソコンを作っても良いですが、安いパソコンを作って、少しずつグレードアップするのも楽しいかと思います。

最安の超小型パソコンを自作する (Intel)今回のネタ

最安の超小型パソコンを自作する (AMD Ryzen 7 Pro 4750G版)明日ぐらいに公開予定

最強の超小型パソコンを自作するCorei9-9900 8コア 16スレッド 高さ65mm

最強の本気パソコンを自作するAMD Ryzen 9 3950X 16コア 32コア 16スレッド

 

最新の超小型パソコンは、高さ80mm(右)から65mm(左)にローダウンしました。

左の方がスリムで良さげです。

 

高さ65mmでTDP 65Wの発熱に耐えることができるクーラーを使うと、Intel純正クーラーを含む、ほとんどのクーラーがUSB3.0ケーブルと干渉します。

私は、USB3ケーブルを外すことで対応しました。

65mmタイプも80mmタイプも、天井穴ありと穴なしがあります。

天井穴ありだと、見た目が悪く、天井穴なしだと、発熱に無理があります。穴なしだとTDP15Wが妥当ななところです。

私は、使う時だけ天井を外して使っています。取付と取外が楽なので苦ではありません。

 

見た目も好きです。ただ、純正クーラーは、見た目が良くないのでNoctua NH-L9i chromax.blackに変えるかもしれません。(購入済み)

 

 

17.3インチの場合

15インチの場合

Ryzen 3600xとRyzen 3950xとCorei9-9900とRyzen 4750Gを購入しました。

超小型のパソコンケースについて

今の主流は以下の2つです。ほかにも種類は色々ありますが、マイナーなので割愛します。

  • ATX
  • mini-ITX

家にある一番最大級のパソコンは、右のMicro ATXマシンです。

とにかくATXは大きいぐらいで良いでしょう。

今は、mini-ITXでも十分に高性能なパソコンを作ることが出来ます。

ATXにする理由は、以下ぐらいです。

  • デュアルGPUにしたい
  • 28cm以上の水冷を使いたい
  • キャプチャーボード等を増設したい
  • 沢山のHDDを入れたい

9割以上の人は、mini-ITXで十分と言えます。

mini-ITXは大きく分けて2種類

グラフィックカードを入れるだけで大幅に大きくなります。小さくて良い場合は、左側のようなPCケースを選びます。

  • GPUカード装着可能なケース
  • GPUカードが入らない超小型ケース

今回は、GPUカードが入らない超小型ケース

以下の組み合わせになるため種類が豊富です。

高さについて

8cmだと、TDP65Wまでの標準のCPUクーラーが入ります。6.5cmだと別途、クーラーが必要です。

8cmだと、別途TDP95Wに対応したCPUクーラーを導入することで定格のIntel Core i9-9900Kが動くと思われます。

  • 6.5cm
  • 8cm

このクーラーは、高さがわずか 23mmです。CPU TDP 65Wまでとのことです。純正のCPUクーラーなら47mmの高さです。65mmを買うなら、このクーラーです。(仮説・近日試します)

 

このクーラーなら、高さ80mmのケースに入るかもしれません。TDPが95WのCPUを定格で使うにはよさそうです。(仮説)もしかしたら、干渉してだめかも。

色について

スペースグレイがないのが残念です。以下のいずれかから探します。

  • シルバー

空気穴

  • 天井の穴なし
  • 天井の穴あり

アダプターと24pinが必要

このケース固有の問題ですが、別途アダプターが必要です。

電源アダプターは流用可能

CPU・マザー・メモリはあまり物で大丈夫

マザーは、mini-ITXの必要があります。Intel・AMDどちらも可能です。

Intelパターン

Intel CPU Pentium G5400

 

 

 

 

合計金額について

Amazonなら7%のポイント還元が期待できます。Amazonのポイントで買うと、現金と同じだけポイントも普通につくで現金そのものです。

31,675円-2217ポイント=29,458円

RGEEK 5,488
ACアダプター電源 キット 1,961
汎用ACアダプター 2,009
Intel CPU Pentium G5400 7,499
H310CM-ITX/ac 10,101
DDR4 4GB 2,118
M.2 2,499
合計 31,675

キーボード・マウス

Windows 10・LinuxのインストールにはUSBメモリが必要です。

Windows 10の場合は、ライセンスコードがなくても30日間使うことが出来ます。

Windows 10 インストールメディア作成方法(DVD・USBメモリ)

20161224r75

 

M.2カードを取り付ける

難易度:★☆☆☆☆

まずは、M.2カードを取り付けします。HDDに変わる媒体です。HDD⇒SATA SSD⇒SATA M.2と移行しています。

ノートの役割をする装置です。

 

mini-ITXマザーボードも、表にも入れる物が増えてきました。

スペースの関係からマザーボード裏にもあります。お好きな方に取り付けます。

M.2カードを止めるネジも小さいので無くさないように注意です。

M.2のインターフェースに差し込みます。差し込んだままだと、単体側が宙に浮いたままです。

中途半端に差し込んでしまう可能性があります。奥まで入れましょう。

あとは、ドライバーで止めます。

CPUを取り付ける

難易度:★☆☆☆☆

CPUとは、計算をする脳みそにあたる部分です。取り付けるには、レバーを横にずらして蓋を開けます。

CPUを置く向きを確認します。必ず三角のマークがあります。

この向きにこれから置くCPUの向きをお合わせます。

置く向きがわかったら、カバーを開けます。

向きを確認して慎重に置きます。

上手く置くことができたら、凹みが合います。

あとは、蓋を閉めましょう。

ピンを奥に入れてはめ込みます。

蓋が取れる仕組みです。

CPUクーラーを取り付ける

難易度:★☆☆☆☆

今回は、純正CPUクーラーを取り付けます。純正だと押すだけで固定できるの楽です。

まずは、逆さにして差し込む場所を確認します。

そして、穴に合わせます。

4か所を押すだけです。パチンと音がでればOK。

押したあとの状態です。

最後に、きちんと入っているか確認します。

CPUクーラーを取り付ける

難易度:★☆☆☆☆

CPUファンを取り付けします。マニュアルを見て確認すると良いでしょう。

CPUファンを置くときにコネクターを何処に置くか意識します。

ケーブルは、長さが足りないと接続できないし、余裕があってもカッコよくありません。程よい長さであることを確認してCPUクーラーの置く向きを確認します。

向きがあるので気を付けて差し込みます。

 

ケースに取り付ける

4か所あるのでネジでとめます。

 

メモリーカード

難易度:★☆☆☆☆

向きを確認して差し込みます。

カチっと奥まで入れば大丈夫。

電源スイッチと電源LEDを接続する

Googleを使ってマザーボードの型名に加えて「manual」のキーワードで調べてマニュアルを検索します。マニュアルには、配線の場所が記載されています。

今回のケースは、Power LEDとPower Switchだけです。HDD LEDとリセット スイッチは存在しません。

 

POWER LEDとPOWER SWを上記を見ながら差し込みます。

 

白と緑、白と赤が逆ですね。上をよく見て入れてください。

24PIN電源

物理的に逆には入らないので慎重に確認して入れます。

 

CPU電源

同様に差し込みます。

 

ボタンが外れるので、イライラしないように、セロハンテープで固定します。

はがすことも考えて端は折ってください。

 

ケースにはめ込みます。

 

おケツから入れます。

 

次は、前です。このLEDランプが干渉するので、押し込みぎみにいれます。

 

裏面をネジで固定します。

 

足をつけて終了です。

 

以上で完成です。

まとめ:なれると簡単。小型パソコンを自作してスキルアップ

自作は、いかがでしたでしょうか。

超小型PCは、将来に向けての拡張性もあり、デビューには最適だと思われます。

自己責任になる部分も多いですが、チャンレジする価値のあるものです。

ぜひ、大いに楽しんでください。

これをYoutube動画にするのは大変だ(泣)

関連URL

最強の超小型パソコンを自作するCorei9-9900 8コア 16スレッド 高さ65mm

最強の本気パソコンを自作するAMD Ryzen 9 3950X 16コア 32コア 16スレッド

 

-Windows
-

© 2020 PCまなぶ