Windows 10 標準の機能だけでHEIC形式のファイルを開き画像を編集する方法

iOS 11(iPhone X)から写真は、初期値でHEIC形式で保存されるようになりました。

わざわざJPGに変換したりアプリを別途インストールする方が見られますが、実は他社のソフトを使わなくてもマイクロソフト純正の機能でHEIC形式を表示・編集できます。

もちろんHEIC形式のファイルであってもエクスプローラーで普通に見ることもできます。

操作方法

近々改善するかと思いますが、初期値ではHEIC形式の画像が表示されません。

そんな場合は、『HEIF and HEVC Media Extensions』をインストールすることで可能になります。

 

フォトアプリでHEIC形式のファイルを起動してください。

そして「Microsoft Storeでコーデックをダウンロードします。」をクリックします。

HEIF and HEVC Media Extensions』をクリックすると同様に移動します。

 

HEIF and HEVC Media Extensions』に移動しました。

「入手」をクリックします。私は、無料で入手できました。

 

ただ、場合によっては、120円請求される場合もあるようです。別環境で試したら120円が請求されました。

HEIF and HEVC Media Extensions』(120円)

※マイクロソフトアカウントのためDVDソフトと同様に同一のアカウントであれば100台インストールできるハズです。

 

120円請求される場合もある謎の動作がありましたが、無事にインストールできました。

[F5]などで強制的にリライトすることで画像も表示できました。
※意味のわからい方は、パソコンを再起動してください。

 

ダブルクリックでフォトアプリを起動することでJPEGと同様に表示・加工することができます。

 

また、編集ボタンを押すことで、簡単で高度な編集処理もできます。「フォト」アプリは優秀です。

「コピーを保存」を押したときだけJPG形式で保存できます。

 

まとめ:アプリ連携が貧弱だけど閲覧編集できる

コピペで画像データをPhotoshopへ移動できればいいのですが、駄目なようです。

一度、「コピーを保存」でJPGにしてからPhotoshopのようです。

とは言え、ここまで出来ているので、もっと簡単に使えるようになるのは、時間の問題です。

改善するまでは、この方法で対処してください。

 

 

 

デバック用: FB:2 TW:1 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加