Ryzen 第3世代 Mini-ITXケースの本命⁉️!RAIJINTEK OPHION

9月に最強のミニ自作パソコンを組み立てる予定です。

未発売の部品とすれば16コアCPU Ryzen 9 3950Xぐらいです。

Mini-ITXケースのケースについて

万人におすすめできるケースと言えば「RAIJINTEK METIS PLUS」で間違いないでしょう。

安い色は、5000円程度とコスパと汎用性が抜群です。

当初、「RAIJINTEK METIS PLUS」が最適だと思っていましたが、搭載できるビデオカードが266mmが限界とのことです。

RTX2060 SUPERまでいけます。

Mini-ITX 小型・高性能パソコンに最適!RAIJINTEK METIS PLUSを試す

そこでRAIJINTEK OPHIONの検討です。

RAIJINTEK OPHIONについて

RAIJINTEK OPHIONには、以下の二つがあります。

  • 0R20B00097(OPHION)高さ9cmまでのCPUクーラーしかダメらしい
  • 0R20B00098(OPHION EVO)水冷ラジエター対応

違いは、高さです。前者は245mm。後者は290mmです。後者のみトップパネルに240mmサイズラジエターが搭載できるように設計されています

RAIJINTEK OPHIONは、RAIJINTEK METIS PLUSに比べて奥行きが98mmも長いです。。

逆に横幅は、16mm狭く高さも9mm低くなっています。

横幅・奥行・高さ

190×277×254 mm

174×375×245 mm

両サイドがガラスのためインテリアとしても使えそうです。

これならRTX2080 SUPERまで攻めることができます。

 

CPU側

GPU側

 

ハデハデな12cmファン×3個が必須か

今回のケースは見た目重視です。

しかもセンスが問われます。

LEDファン12cmファン×3個の相場は、1万円です。

LLシリーズの方が光が派手。だけど冷えないらしい

まとめ:ずっと使えるマシンをつくろう

RAIJINTEK OPHIONは如何でしょうか?

ハデハデのCPUクーラー・メモリ・12mmファンの組み合わせで最強だと思っています。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加