【Windows 10】同じネットワークのパソコンのファイルを共有する

2018年の春からは、「近くの共有」がWindows 10でも提供されて主流になるでしょう。

だからといって従来からの共有が不要になるわけではありません。

「近くの共有」については、『「近くの共有」AirDrop相当がWindowsでも使用可能に』を参照ください。

 

パスワードなしで手軽にファイルを共有する方法

今回は、職場やなどでパスワードなしで手軽にファイルを共有する場合について執筆します。

使用条件

今回は、同じネットワークで接続されていることが条件です。

パソコンがルータに接続されていれば大丈夫です。
※出先の場合は、スマホのデザリングでも可

ルーターは、フレッツ光を利用していればNTTから提供されています。

 

自分で購入したルーターでも大丈夫です。

 

ファイルサーバー側の設定について

サーバーとは、提供する意味を持っています。今回は、ファイルを提供するのでファイルサーバーです。

単なるWindows 10で大丈夫です。

フォルダーを作成します。今回は、わかりやすく共有と命名しました。

 

早速、共有しましょう。

共有したいフォルダーを右クリックして「プロパティ」です。

 

「共有」タブから「共有」ボタンを選択します。

 

Everyone(誰でも)を選択します。

 

さらに「書き込み」もできるようにした方が良いでしょう。「共有」を押します。

 

コピーを押します。

尚、表示された場合は、「いいえ」で大丈夫です。詳しくは、後述します。

 

以下は、重要になるので覚えます。

  • サーバー名は、「DESKTOP-EC1SF57」

名前を忘れた場合は、もう一度共有設定をして確認してください。

パスワード保護を無効にする

パスワード保護があると、ユーザーの管理が煩雑になります。セキュリティの観点からよろしくありませんが、無効にしている場合が多いです。

半年に1回提供される大型アップデートが適用されると勝手に設定が元にもどります。共有ができなくなったら本設定をもう一度行ってください。

※Windowsのパスワード保護は、実用的でないでないくらい管理が難しい
ここではあえて説明しません。

 

「ネットワークと共有センター」をクリックします。

 

「すべてのネットワーク」を展開します。

 

クライアント側の設定

クライアントとは、要求するという意味があります。ファイルをくれ~って要求するので、「ファイルクライアント」になります。

[Windows]+[R]を押します。

¥¥コンピューター名となります。

コンピューター名は、サーバーの名前です。

あとは、どんどんクリックして進みます。

以上で見ることも書き込むこともできます。お試しあれ。

ユーザー名とパスワードを聞かれた場合は、適当に入力してください。

なんでも大丈夫です。

まとめ:家庭や職場の必須知識

ネットワークは、シンプルで非常に奥が深い内容です。

マスターしておくと一生役に立つことでしょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加