強制的に「パブリックネットワーク」と「プライベートネットワーク」を切り替える

Windows 10のバグだと思われますが、パブリックネットワークとプライベートネットワークの切り替えができないトラブルが発生しています。

とは言え、パブリックネットワークとプライベートネットワークを上手く切り替えないと、必要以上にアクセスする権利を与えたり、逆に共有すべきものが共有できないなど、様々な問題が発生します。

パブリックネットワークとプライベートネットワークの切り替えができない環境でも、コントロールできるようにする方法を執筆します。

新たに有線でもできる方法を追記しました。

早速、解決してみましょう。

解決方法

3ステップで解決できます。

STEP1 パブリックネットワークかプライベートネットワークか確認する

思ったものと違う場合は以下の設定をする

STEP2-A(無線)ネットワーク情報を削除する

STEP2-B(有線)ネットワークをリセットする

STEP3 再接続すると、パブリックネットワークかプライベートネットワークか聞いて来るので設定する

 

STEP1 パブリックネットワークかプライベートネットワークか確認する

コントロールから確認する方法と「設定」で確認する方法があります。

[Windows]+[I]で「設定」ウィンドウを開きます。

「ネットワークとインターネット」をクリックです。

 

今回は、パブリックネットワークであることがわかります。

パブリックとは、公共のネットワークを使っている意味です。

通常なら、「接続プロパティの変更」で簡単にできるハズですが、トラブルにより変更できません。

 

STEP2-A (無線)ネットワーク情報を削除する

ここからが本題です。設定変更できませんが、削除追加をすると同様の操作になります。

早速、ネットワーク情報を削除しましょう。

「Wi-Fi」から「既存のネットワークの管理」をクリックします。

 

今まで接続した歴代アクセスポイントが表示されます。期待と違うネットワークをクリックして「削除」です。

STEP2-B (有線)ネットワークをリセットする

STEP2-Aの方法は、無線のみの設定です。有線では、ネットワークをリセットすることで解決できます。

「設定」⇒「ネットワークとインターネット」⇒「ネットワークのリセット」です。

 

「今すぐリセット」をクリックします。

STEP3 再接続すると、パブリックネットワークかプライベートネットワークか聞いて来るので設定する

あとは、もう一度接続するだけです。

すると、以下のメッセージが表示されますので任意に設定します。

まとめ:上級者の必須知識

プライベートかパブリックかは、上級者に必須の知識です。任意に変更できるようにしましょう。

 

デバック用: FB:3 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加