スタートアップアプリが「設定」で変更可能に

Windows 10 Fall Creators Updateの後継バージョンであるRedstone 4では、スタートアップアプリの選択が「設定」ウィンドウでもできるようになります。

いままでは、「msconfig」という特別なコマンドを入力しないと設定変更できなかった「スタートアップアプリ」ですが、簡単に操作できますね!

対象OS

Windows 10 Redstone 4以降

本機能は、2018年春の大規模アップデートで一般的なWindows 10にも適用される予定です。

操作方法

[Winodws]+[I]で「設定」ウィンドウを表示します。

「アプリ」を選択します。

そして、「スタートアップ」クリックします。使い続けると、どんどんアプリが増えていきますので、起動不要なアプリは「オフ」にしましょう。

起動時にこれだけのアプリが起動することを意味しています。

まとめ:スタートアップアプリと一緒にサービスも把握しよう

今回は、スタートアップアプリの起動が簡単に制御できることを記載しました。

実は、同様にサービスも把握する必要があります。

詳しくは、『Windows 10の起動が遅い場合の対処方法』を参照ください。

デバック用: FB:2 TW:1 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加