ソフト感50%UP!ダイローブ120を試す

冬の現場の必須道具と言えるダイローブ。

さらなる調査のためソフト感50%UPの120を試しました。

 

なんと、120Fと同じようなインナー別タイプです。

迷ったら102

定番は、102です。これを基本に用途に合わせて購入します。

102は、最高に暖かく丈夫です。

102Fは、インナー取り外しを可能にしたものです。

103は、102より柔らかい素材にしたものです。

そして今回紹介する102は、ゴムをソフトにしてインナーを取り外しできるタイプです。

注意点

ダイローブ120はソフトさを重視しています。丈夫さを重視する方は、102とのことです。

拡大図

一番きめ細かな加工してあります。

ご参考

どれが良いか

やはり102と102Fが万人受けします。

102だとゴツゴツして嫌な方は、103や120を選びましょう。

まとめ:定番は102と102F

定番は、乾きやすい102Fと温かい102になります。

 

今回は、ソフトで乾かしやすい102を紹介しました。

前回紹介した103も視野に選びましょう。

関連URL

冬の現場必須道具ダイローブ!103を試す

比べてわかった!防寒用手袋 ダイローブ102と102Fの違い

20160218r804

冬場作業必需品:防寒用手袋 ダイローブ102F

20160218r757

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加