オススメアイテム

Ryzen 7000シリーズのスイートポイントは6000MHz!DDR5 AMD EXPOメモリを購入せよ

2022年9月19日

CPU | マザボ | メモリ

DDR5メモリは既に販売されています。今あるものは、Intel 第12世代用でありAMD Ryzen 7000シリーズ用に最適化された物ではありません。

DDR5メモリ在庫確認用

Ryzen 7000シリーズ用にDDR5メモリを買うならAMD EXPOに対応したDDR5メモリが確実です。

Ryzen 7000シリーズの標準クロックは、DDR5-5200までのようです。DDR5-5200を超える物に関してはオーバークロック扱いになり、自己責任になります。
情報元:AMD Confirms DDR5-6000 RAM Is The Sweet Spot For Ryzen 7000 CPUs

Ryzen 7000シリーズ Zen 4 CPUのスイートスポットは、6000MHzです。1:1 の IFC 比率になります。

参照元:DDR5-6000 Memory is the Sweet Spot For AMD Ryzen 7000 Zen 4 CPUs

上記の記事は厳しめを攻めています。以下のように書いてありますが、AMD Ryzen 3000シリーズのスイートスポットは3600MHzが一般的ですし、AMD Ryzen 5000シリーズは、ごく一部だけ4000MHzで動きます。

  • AMD Ryzen 3000 "Zen 2" Sweet Spot - DDR4-3800
  • AMD Ryzen 5000 "Zen 3" Sweet Spot - DDR4-4000
  • AMD Ryzen 7000 "Zen 4" Sweet Spot - DDR5-6000

6000MHzを超えるとIFCが1:2で動作するため、DDR5-6400だと逆にパフォーマンスが落ちます。

シングルランクのメモリを2枚だけ使うのが基本になります。デュアルランクのメモリを使うとパフォーマンスが悪くなります

AMD Ryzen 7000シリーズで4枚同時使用した場合、プロセッサーメモリーコントローラーの仕様上、動作速度がDDR5-3800になります。

以上の理由から基本的に2枚だけ使用になります。
Intel CPUも同様に4枚だとDDR5-4000になります。設定変更でDDR5-4800にも出来ますが自己責任です。

DDR5の周波数の差は、GPUカードを使う際に、1/10程度まで少なくなります。

説明上の数値で3000MHzから6000MHzになると処理速度が2倍になりそうですが、実際には1.2倍速くなるだけです。※APUの場合は2倍ほど差が出る

よって事実上の数値で4800MHz と 5600MHzの差であるなら周波数は1.16倍。実際の動作では1.016倍速くなる程度(1.6%速くなる)程度なので体感的な差はありません。

タイトルはDDR5 AMD EXPOメモリとしましたが、体感的な差がないため自己満足の世界になります。
↑自己満大切😊

コスパで選ぶなら

見た目がそこそこで、速度も速くありませんが、コスパで選ぶならCrucialが一強になります。EXPO対応ではありませんが、普通に動きます。体感的な差もありません。

32GB

64GB

大雑把な目安32GBの場合

周波数4800MHzとの差性能の向上販売価格(目安)
4800MHz-2.1万円
5200MHz108%0.8%2.5万
5600MHz117%1.7%3万円
6000MHz125%2.5%4.2万円
6400MHz133%3.3%4.5万円

本題:EXPOメモリ

ここからが本題で、自己満で1%でも速く動かしたい場合です。

AMD EXPO™ テクノロジーは、AMD Ryzen™ 7000 シリーズ プロセッサの新機能です。AMD Ryzen 7000用に最適化すべくDDR5メモリをオーバークロックできます。

DDR5-5200からDDR5-6400と高速な物が多いです。

4800MHzでEXPO対応のメモリは存在しません。

GEILだけ6400MHzのメモリが存在します。
※6400MHzにするとマシンのパフォーマンスは逆に落ちます

他社は最高で6000MHzでありスイートスポットであることから、速度だけを考えると6000MHzがベストかもしれません。
※オーバークロックになるため最悪、ご自身の環境で動かない可能性もあります。自己責任で実施する必要あり

AMD EXPO対応メモリについて

ADATA、CORSAIR、G.SKILL、GEIL、Kingstonから発売します。

CORSAIR

DOMINATOR PLATINUM RGB DDR5 Memory for AMD

VENGEANCE RGB DDR5 Memory for AMD

VENGEANCE DDR5 Memory for AMD

G.SKILL

Trident Z5 Neoは、背が高く排熱性能が素晴らしい。ただ、空冷だと干渉問題があるかもしれない。
32GB(16GB ×2)です。

アークが一番充実していて説明も詳しいため、型番をクリックするとアークHPに移動します。しかも安い!

Trident Z5 Neo RGB

LED付 6000Hz

CL30とCL36は、差が全く分からないぐらいの差です。コスパを気にする人は安い方を買ってください。理論上は、数値が低い方が速いです。このため価格差を気にしない方は、CL値の低い方を購入してください。

LED付の最上位モデル。

DDR5-6000 CL30-38-38-96 1.35V F5-6000J3038F16GX2-TZ5NR

DDR5-6000 CL32-38-38-96 1.35V F5-6000J3238F16GX2-TZ5NR
↑アークのみ

DDR5-6000 CL36-36-36-96 1.35V F5-6000J3636F16GX2-TZ5NR

DDR5-5600 CL28-34-34-89 1.35V F5-5600J2834F16GX2-TZ5NR

DDR5-5600 CL30-36-36-89 1.25V F5-5600J3036D16GX2-TZ5NR
↑アークのみ

DDR5-5600 CL30-36-36-89 1.25V F5-5600J3036D16GX2-TZ5NR
↑アークのみ

Trident Z5 Neo

CL28とCL32は、差が全く分からないぐらいの差です。コスパを気にする人は安い方(後者)を買ってください。理論上は、数値が低い方が速いです。このため価格差を気にしない方は、CL値の低い方を購入してください。

DDR5-6000 CL32-38-38-96 1.35V F5-6000J3238F16GX2-TZ5N

DDR5-6000 CL36-36-36-96 1.35V F5-6000J3636F16GX2-TZ5N

DDR5-6000 CL30-38-38-96 1.35V F5-6000J3038F16GX2-TZ5N

DDR5-5600 CL28-34-34-89 1.35V F5-5600J2834F16GX2-TZ5N

DDR5-5600 CL30-36-36-89 1.25V F5-5600J3036D16GX2-TZ5N

Flare X5

DDR5-6000 CL32-38-38-96 1.35V F5-6000J3238F16GX2-FX5

DDR5-6000 CL36-36-36-96 1.35V F5-6000J3636F16GX2-FX5

DDR5-5600 CL30-36-36-89 1.25V F5-5600J3036D16GX2-FX5

DDR5-5600 CL36-36-36-89 1.20V F5-5600J3636C16GX2-FX5

Kingston

FURY Beast RGB

FURY Beast

KF560C36BBEK2-32

EXPO 1: DDR5-6000 CL36-38-38 1.35Volt / EXPO 2: DDR5-5600 CL36-38-38 1.25Volt / SPD: DDR5-4800 CL40-39-39 1.1Volt
XMP3.0 1: DDR5-6000 CL36-38-38 1.35Volt / XMP3.0 2: DDR5-5600 CL36-38-38 1.25Volt

KF552C36BBEK2-32

KF556C36BBEAK2-32

KF552C36BBEAK2-32

KF560C36BBEAK2-32

ADATA

Caster RGB Gray

Lancer RGB Black

GEIL

EVO V

AMD EXPO非対応だがRyzen 7000シリーズに対応

SPD DDR5-5600
マザーボードによってDDR5-5200

created by Rinker
¥29,480 (2022/09/27 22:35:19時点 楽天市場調べ-詳細)

-オススメアイテム