プラスチック製品を修復・補強するプラリペア プラリシート

チェンソー製品は、高価にも関わらずプラスチックの部分が壊れます。

私に限らずプロの林業家が割れているので、気を付けても壊れやすいです。

プラリペアを使って修復しましたが、負荷がかかる部分です。3カ月くらい使ったら割れてしまいました。

そこで活用したいのがプラリシートです。

シールのように張るだけで、強固に補修することができます。

使い方

油汚れがあると、くっつかないようです。サンドペーパーで接合部の表面を磨きます。

写真は、磨く前のものです。

磨いた例

 

補修部に合わせてハサミで切ります。

 

保護フィルムが下になるように置きます。また、あらかじめ保護フィルムを取り外しても大丈夫。

付属の透明なビニールシートを下に引きます。

 

プラリシートに液をかけます。

 

シートを張り付けます。

 

プラリシートが硬化するのを待って、ポリエチレンシートと保護フィルムをはがせば作業の完了です。

乾く前であれば、プラシートをハサミで切ることもできます。

 

いろいろ修理しました。

購入について

Amazonで販売しています。それなりの値段がしますが、純正部品を交換するよりも安上がりです。

まとめ:割れたらすぐに修理しよう

割れたら、すぐに修理しましょう。また、欠けてしまって大丈夫。型取り君で元通りにすることもできます。

 

デバック用: FB:1 TW:3 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加