Windows

4K UHDディスクのコピー・リッピングに最適なBlu-rayドライブについて

2019年12月12日

DVDFabを使えばDVD・ブルーレイについては、安定してコピー・リッピングできます。 しかし、4K UHDのディスクのコピー・リッピングに関しては、DVDFabが指定するブルーレイドライブとファームウェアを準備する必要があります。

リッピング・コピーができるドライブを買う

リッピング・コピーと言えば、DVDfabが定評があります。 ブルーレイドライブと言えばパイオニアのイメージがありますが、4K UHDディスクのコピー・リッピングに関してはDVDfabを使ってもサポートしていません。 そこで、DVDfabが対応しているドライブを買う必要があります。 対応しているドライブについては、『パイオニアのBlu-rayドライブではUHD Blu-rayのコピー・リッピングが出来ない』に記載したので参照ください。 DVDfabが対応しているドライブであっても、ファームウェアがDVDFab指定のバージョンと合致している必要があります。

ファームウェアのダウングレードが必要

現在、発売しているBlu-rayドライブの多くは、4K UHDの再生・コピー・リッピングができないようになっています。 裏技があって、ファームウェアをダウングレードすることによって、4K UHDの再生・コピー・リッピングができます。 4K UHDの再生・リッピング・コピーができるドライブを買うだけでは、ファームウェアのバージョンが合わずできませんでした。 そんなことも考慮してダウングレードできるBlu-rayドライブを購入した方が無難です。 『DVDFab UHDドライブツール』の「サポートドライブリストをチェック」に記載されています。

UHDフレンドリードライブ:

UHDドライブではありませんが、DVDfabが対応できるようにしているもの。 LG WH14NS40 (内蔵,SVCコード: NS50) 検証済 LG WH16NS40 (内蔵, SVCコード: NS50) 検証済 LG BH16NS40 (内蔵, SVCコード: NS50) 検証済 LG UH12NS40 (内蔵) 検証済 LG BH16NS55 (内蔵) 検証済 LG BH14NS58 (内蔵) 検証済 LG BH16NS58 (内蔵) 検証済 LG WH16NS58 (内蔵) 検証済 LG BE16NU50 (内蔵, USB接続) 検証済 ASUS BC-12B1ST a/b (内蔵, 2015年以降製造) a検証済 ASUS BC-12D2HT (内蔵, 2015年以降製造) 検証済 ASUS BW-16D1HT a/b (内蔵, 2015年以降製造) 検証済 ASUS BW-16D1H-U (外付け, USB接続, 2015年以降製造) 私は、値段が安いのでBH14NS58を購入。 BH16NS58は、BH14NS58と読み取り性能が同じでした。 なぜか安い

ご参考

Blu-rayドライブ 14倍速と16倍速の読取速度は同じ 速度差2倍⁉️DVDFab Blu-rayドライブ対決(内蔵 VS 外付) PCまなぶ 外付けならASUS BW-16D1H-Uが海外で販売していますが、値段が2万円ちかくします。わざわざ海外で購入しなくても、上記BH14NS58とSATAをUSBに変更するだけで、WindowsやMacで使えるようになります。

BH14NS58を買うがファームウェアが駄目

BH14NS58を使て4K UHDディスクを読もうとしても全くダメでした。 『DVDFab UHDドライブツール』を使って確認したところ、BH14NS58のファームウェアが1.01だと駄目でした。 DVDfabが対応しているのは、1.00です。 ダウングレードしました。 無事にダウングレードできたことが確認できました。 以上で、4K UHDのコピー・リッピング・再生ができるようになりました。

まとめ:4K UHDのコピー・リッピングができるドライブを買おう

4K UHDのコピー・リッピングは、条件が多いです。まずはドライブの選定から頑張りましょう。

関連URL

4K UHD BDの再生・コピー・リッピングに最適!コスパ最強のBlu-rayドライブ BW-16D1HT

-Windows
-