Windows

超朗報!Windows 11 Homeでローカルアカウントが使える。(3つの方法)

動画版も作りました。

マイクロソフトの公式ホームページには、Windows 11 Homeの時にローカルアカウントが使えないように明記されています。

Windows 11 の仕様とシステム要件 | Microsoft

確かにWindows 11で新規インストールの際に、HomeエディションだとProエディションと違ってローカルアカウントが作れません。

詳しくは『超悲報 Windows 11 HomeはMicrosoftアカウントとインターネット接続が必須』をご覧ください。

実は、Homeでも従来通りローカルアカウントが使えます。

やり方は3種類

前者の場合は、マイクロソフトアカウントがなくてもWindows 11が使えます。

  • (推奨)マイクソフトアカウント作成時にネットワークを切断して戻るボタンを押す
  • Windows 10 Homeでローカルアカウント作成後にWindows 11へアップデートする方法
  • Windows 11 Homeでマイクロソフトアカウント作成後にローカルアカウントに変更する方法

やり方その1:(オススメ)マイクソフトアカウント作成時にネットワークを切断して戻るボタンを押す

Windows 11 Homeインストール時にマイクソフトアカウント作成画面にてインターネットを切断して戻ります。

 

すると前触れもなく、ローカルアカウントの作成画面になります。

いつも通り半角英数字で入力します。

 

パスワードを入力して完成です。

やり方その2:Windows 10 Homeでローカルアカウント作成後にWindows 11へアップデートする方法

Windows 10 Homeでローカルアカウントを作ります。インストール時ならネットワークを切断するだけで作れます。

綺麗な環境を作りたかったのでインストール時に作りました。

Windows 10の作り方は、『Windows 10を無料で使う。プロダクトキーは必要なし!』をご覧ください。

Windows 10 Homeのインストール画面

ネットワークに接続している状態だと、マイクロソフトアカウントの作成画面になります。

 

ネットワークを切断している状態だと、ローカルアカウントの作成になります。

あとは普通にWindows 11へアップデートするだけです。

アップデート方法は、『強制的に「Windows 11 Update」を適用する』をご覧ください。

やり方その3Windows 11 Homeでマイクロソフトアカウント作成後にローカルアカウントに変更する方法

いつでもできるメリットがあります。

インストールさえしてしまえば、従来どおりマイクロソフトアカウントからローカルアカウントに変更できます。

スタートボタンをクリックし、名前をクリックし、「アカウント設定の変更」をクリックします。

 

「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

パスワードを入力します。

 

ユーザー名を入力して「次へ」をクリックします。

 

「サインアウトと完了」をクリックします。

 

以上でローカルアカウントになりました。

ユーザープロファイルが、マイクソフトアカウントの時と変わらないのでイマイチです。

test20211009@outlook.jpだと

最初の5文字が有効になりtest2になりました。

C:\users\test2配下にドキュメント・動画などが保存されることになります。なんかイマイチですよね。

まとめ:Windows 11 新規インストールで作れないだけ

スマートなやり方ではありませんが、できないよりマシです。

どうしてもHomeで試したくなったら思い出してください。

-Windows

© 2021 PCまなぶ