破損を防げ!チェンソーのスターターグリップは放さず優しく戻そう

林業で使う道具は丈夫だと思っていましたが、謝った使い方をすると壊れます。

勢いよくスターターレバーを引いて放す、悪い癖が身についていました。
その結果、2年ほどでスターターグリップが破損。

赤い点線がすり減った部分です。

0000-190-3409スタートグリップエラストスタート 4,050円税別です。税込み4,374円です。

 

その結果、3年目に本体ケースも壊れてしまいました。

 

よく見ると、2つ目のスターターグリップも半分ほど減っています。
※1年間使ったので納得

壊れたら再度、税込み4,374円です。(汗)

 

マニュアルをよく読むと「スターターグリップを急に放さないでください。」と明記されていました。orz

ここでようやく間違った使い方をしていることに気が付きました。

正しい使い方

グーで握ると、不要な力が入って一気に放してしまいやすいです。

そこで2本指で優しく握って引きます。戻す時は優しく元の位置にします。

まとめ:ちょっとしたことで破損は防げる

チェンソーの使い方は、様々な場所で習ったハズなんですが、この点は知りませんでした。

チェンソーは、大事に長く使いましょう。

 

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加