備忘録 Amazonのアフェリエイト売上をFreeeに登録する

私は、Freeeを使って確定申告をしています。

現金は可能な限り使わずにクレジットカード等を使うことで、大幅に楽にすることができます。

もし、現金を扱った場合は、自動化できないため速やかにFreeeに記載します。

現在、2019年度の確定申告の処理をしています。

複式簿記になるので、売上が発生した時点で計上する必要があります。

忘れないように記載します。

Amazonアフェリエイトの支払い履歴を見る

例えば、以下のような例だったとします。

1月の紹介料は、3月1日発生して、3月30日に支払われています。

12月の紹介料は、翌年の2月28日に支払われています。源泉徴収もされていますので、きちんと処理をしたいところです。

 

1月の処理について

「取引」⇒「取引の一覧・登録」を選択し以下のように入力します。

 

みずほ銀行に入金されたデータは同期をしているので自動的に入ります。

クリックしましょう。

 

すると、既に入力されてあるので「登録」です。

 

12月の処理について

基本的に1月と同じです。違いは、源泉徴収を事業主貸として登録すること。

あとは、確定申告の時に、納税したことを、忘れずに書くことです。

※2018年は記載忘れていました。今が気が付きました。(笑)

発生日が2019年12月31日
借方
勘定科目 Amazon 252,580円

貸方
勘定科目 売上高 252,580円

-----------------------------------
発生日が2020年2月1日
借方
勘定科目 みずほ 239,044円

貸方
勘定科目 Amazon 239,044円

発生日同上2020年2月1日
借方
勘定科目 事業主貸 13,536円

貸方
勘定科目 Amazon 13,536円

まとめ:ブログは自分のためにも書くべし

今回は、完全に自分のために記載しています。

私は、税理士でもなんでもないので間違っていてもわかりません。

本件は、Freeeのサポートに確認したので、おそらく大丈夫だと思っています。

 

デバック用: FB:1 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加