レビュー 4K HDR 15.6インチ モバイルモニター cocopar2019 NTSC72%

Mac mini 2018をモバイルパソコンとして使うため、2019年4月7日にモバイルモニターを購入しました。

当時から4K HDRのモニターはありましたが、Mac miniとの接続がUSB-Cの1本だけしか出来なかったためFull HDではありますが、以下のモニターを購入しました。

たった5ヶ月前ですが、ベストな選択をしたと今でも思っています。出先で大活躍です。

ただ、実際に使って見ると高精細に慣れているためか、荒さが気になります。

1980 × 1080 で15.6インチなので141DPIだと高精細かと思ったら甘かったです。

141DPIと言えば、印刷物とクラシックなディスプレイとの中間ぐらいの荒さです。

 

もし、4Kで15.6インチにすると282DPIになり、ほぼ印刷物と同じきめ細かさです。

昔のモニターは、72DPIと言われ、印刷物は300DPIが基準になっています。

時は流れて6月2日から、Mac miniとの接続がUSB-Cの1本だけで4K HDRができるモニターが発売されましたので試すことにしました。

 

購入したもの

cocopar2019最新15.6インチ4k NTSC72%色域 モバイルモニター

3840*2160 モニター USB Type-C / PS4 XBOXゲームモニタ/HDMIモバイルディスプレイ(厚さ4mm / 重さ830g) 保護ケース付重さ1.2kg (15.6-4K-NTSC 72%)

 

箱がいまいちでテンションが下がる

ASUSさんに比べて安いので、贅沢を言ったらダメかもしれませんが、いまいちです。機種がわかるのが右上のシールが唯一です。

 

添付品は大丈夫!

Type-CとHDMIケーブルが入っています。音声の端子がなぜ入っているかは謎。

 

ACアダプタ P0181-JV
なんとQC3のType Cです。 PDアダプタでもきちんと映りました。

電源は、どちらのポートにさしても映ります。

 

ショックだったのが、デザインが勝手に変わっています。しかも、どこにも機種名が書いてないので、本当に自分が買ったディスプレイかがわかりません。

単にシールを貼り間違えたか、本体をいれ間違えたのかすらわかりません。

 

箱が元から潰れています。ぶつけたのではなく初めからこんな箱です。(多分)

 

スタンドが使い物にならないぐらいダメ。ここがASUSと比べてダメなところです。

すごく不安定です。

 

いいところも沢山

  • 画質は凄くいい
  • 入力端子が豊富
  • 電源も融通がきく
    どっちのUSB Cにもさせる
    QC 3・PD3どっちも大丈夫
  • コストパフォーマンスがいい
    安くはないけど、4K UHDでこの価格は魅力

 

ボタンの+ -が逆なことが多い

他の方のレビューにも書いてありますが、本来の動きと逆だろうってところが沢山あります。

代表的なところが、ボタンの+ と - が逆の反応をすることが多いです。

まとめ:安くて画質が良いけど、欠点もある

惜しいと言うがの正直なところです。

ASUSのモバイルディプレイに比べて良い所が沢山あるけど、スタンドの安定性・ボタンの動作が逆・デザインが勝手に変わるなど残念な所も多いです。

ASUSのモバイルディプレイと比較すると、メリット・デメリットがあり、何を欲するかによって変わるでしょう。

デバック用: FB:1 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加