超小型で8コア16スレッド可能!高性能で最小の自作キット!Thin Mini-ITX DH310V2

新CPUの発表がありました

IntelからTDP65Wのデスクトップ向け第9世代Coreが発表されました。

TDP65Wの最高は、6コアのi7-8700でしたが、今回の発表により8コアが登場します。

Core i9-9900 8コア 16スレッド 3.1GHzベース 5GHZ

Core i7-9700 8コア 8スレッド 3GHzベース 4.7GHZ

製品の発売は、GW前かGW明けになると思います。

新CPUと以下のキットを使えば高性能で小さなパソコンを作れます。

自作パソコンの世界では、昨日作った自作パソコンで最小ですが、ベアボーンキット(自作キット)を使えば、もっと小さなパソコンを作ることができます。性能は昨日と同じです。

Thin Mini-ITXマザーボード単体の販売はないですが、Thin Mini-ITXマザーボードを搭載したベアボーンはあります。不思議です。

これならスッキリします。

サイズと容量の比較

DH310V2と比較すると、Mac mini 2018に僅差で容量は勝っています。アダプター不要なMacに対してアダプター必須のDH310V2です。勝負はMac mini 2018の勝ちとなるでしょう。

機種 サイズ 容量
Mac mini 2018 3.6cm × 19.7cm × 19.7cm 1.39L
RGEEK PCケース 6cm × 19.7cm × 19.7cm 2.52L
DH310V2 4.3cm × 19.0cm × 16.5cm 1.35L

4月18日(木)発売予定 DH310V2

新バージョンDH310V2

旧バージョンとの違いは、第9世代に対応。本体が軽くなった程度。第9世代のTDP65WのCPUはないので無理してDH310V2を買う必要はありません。

旧バージョンDH310

対して変わらないのでこちらを買うのも手。

上位版(DH370)は既に発売中

違いは、最大3画面4K出力。USBがより高性能になったぐらいです。予算にゆとりがあれば、こちらの選択もありです。

小型の高性能パソコンとは

TDP65WのCPUです。具体的なCPUの種類で言えば以下の2つが有名です。

  • Core i7-8700
  • Core i5-8400

無線LAN追加キット「WLN-M」

今どき珍しく無線LANが標準ではついていません。別途購入してください。

CPUについて

搭載メモリについて

最高32GBまで搭載できます。メモリも安くなったので32GB搭載しても良いと思います。

メモリの種類はMac mini 2018と同じです。そのため8GBならメルカリで安く購入できます。

ノートパソコンで一般的なSO-DIMMのため、間違えてデスクトップ用を買わないようにしてください。

買う時は、以下のいずれかのキーワードを覚えてください。

DDR4 / SO-DIMM / 2666MHz or PC4-21300 / 〇GB × 2枚)

搭載SSDについて

やはりSSD 970 EVO Plus 1TBぐらいでしょうか。速度を決める要となる部品です。CPU以上にこだわって選んでください。

予算について

2種類作りました。さらにOSのライセンス料が必要です。

i7プレミアムバージョン

性能がいいだけに価格は、以下のようになります。

種類 機種 価格
CPU i7-8700 37,725円
メモリ 16GB × 2枚 23,516円
SSD 1TB 29,980円
ケース DH310V2 24,500円
無線 WLN-M 5,271円
合計 120,992円

 

i5スタンダード

これでも十分に性能がいいでしょう。

種類 機種 価格
CPU i5-8400 26,799円
メモリ 8GB × 2枚 9,980円
SSD P1 500GB 8,962円
ケース DH310V2 24,500円
無線 WLN-M 5,271円
合計 75,512

まとめ:超小型で高性能

高性能なノートパソコンが欲しいけど、壊れた時のショックを考えると難しい方もいるでしょう。

そんな時は、ベアボーンキットで解決しましょう。

デバック用: FB:2 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加