iOS 13の新機能バッテリーの劣化を防ぐ

「最適化されたバッテリー充電」は初期から有効になっているため、意図的に手動で100%まで充電をしたい時を除いて何もする必要がありません。

ただ、人によっては、意図した時に100%まで充電されないため、ストレスになる方もいるでしょう。使ってみて不便を感じる方は、オフにします。

設定の場所について

「設定」画面の「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最適化されたバッテリー充電」で設定のオン・オフを切り替えられます。

「設定」をタップします。

 

「バッテリー」をタップします。

 

「バッテリーの状態」をタップします。

 

「最適化されたバッテリー充電」を確認します。

「最適化されたバッテリー充電」の説明に全てが凝縮されています。

バッテリーの劣化を軽減するため、あなたが毎日どのようにiPhoneの充電をしているかを学習し、次にiPhoneを使いはじめる直前まで80%を超える受電を保留します。

充電が80%までにして劣化を防ぐ機能のため、存在を知る必要があります。

IT機器で使われているリチウムイオンバッテリーは、満充電状態の状態が良くないと言われています。

今までは、夜寝てる間ずっと、充電しているような使い方をするとバッテリーに対して好ましくありませんでした。この使い方は、iPhoneのバッテリー劣化を進めることになります。

新しいiOS 13から「最適化されたバッテリー充電」をオンにしていると、毎日充電する時間帯を学習し、充電が完了する時間に満充電になるようにしつつも、必要ない深夜早朝の間は残量が80%までになるように自動で調整します。満充電状態が長時間継続しないようにして、バッテリーの劣化を防ぎます。

充電の状態は、バッテリーの残量のグラフでわかります。

 

iPhoneは比較的長く使えるスマートフォンですが、500回フル充電をすると80%ぐらいまで劣化します。ゲームなどを頻繁にすると、2年くらいでバッテリーが劣化し、バッテリーの持ちが悪くなります。

少しでも、バッテリーを延命させるためにも、この機能をオンのままにしておくと良いでしょう。

まとめ:2年間は快適に使えるようにしよう!

Appleの盗難保証が受けられるようになったため、保険に入る方も増えたと思います。

AppleCare+に入るとバッテリー交換を1回だけ無料で受けることができます。

保証がなくなる直前に保険を使うと、一番長い間快適に使うことができます。

 

デバック用: FB:0 TW:3 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加