iOS11の新機能!「標準カメラ」で直接QRコードが読み取り可能

iPhone5sとiPad ProをiOS11変更しました。

地味に便利な新機能がありました。「標準カメラ」でQRコードをかざすと自動的に読み取ってくれる機能です。

ぜひiOS 11に変更してください。

使い方

iOS11に変更後、カメラを起動して普通QRコードをかざすだけです。

あとはタップをすると、関連付けされたアプリを起動します。

注意点

他のQRリーダーに比べて感度が悪いです。そんなときは大きく映るようにもっていきましょう。

ここまで大きく写るようにすれば、きっとQRコードが反映されるハズです。

iOSのバージョンアップ方法

まだiOS10の方は、以下の作業を実施してください。

注意点としてiOS11にバージョンアップすると、他のアプリが動かなくなる場合があります。後述のアプリのバージョンアップも必ず実施してください。

設定をタップします。

「一般」を選択後、「ダウンロードとインストール」をタップします。

あとは、指示に従えば自動的にiOS11になります。

アプリのバージョンアップ方法

無事にiOS11になりましたら、他のアプリもバージョンアップしましょう。

App Storeをタップします。

すべてを「アップデート」をタップします。以上で多くのトラブルが解決できます。

例えば私が愛用しているDropboxが動くように改善されました。

バージョンアップ前は、写真の自動アップデート機能が使えませんでした。

しかし、上記の作業を実施したところ、何事もなったかのように動くようになりました。

他にもiOS11に対応していないアプリは沢山あるので必ず実施してください。

まとめ:iPhoneが一歩リード

iOSの素晴らしいところは、いろんな機能ががスマートにまとまっているところです。

Androidだと、わざわざ専用アプリを起動しないといけません。

しかしiOSなら、標準アプリで解決します。

 

Androidユーザーも悲観的になる必要ありません!この機能は、おそらくAndroidでも標準的に搭載されることでしょう。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加