【大切なことを追記】iPhoneやiPadで写真や動画をAirDropで共有する

Apple製品を使っていると、AirDropを使って簡単に写真や動画を共有できます。

ただ、1点だけ送付先のiPhoneにて事前に設定することがありましたので追記しました。

事前準備

ほんの少し設定が必要です。

双方のiPhoneの設定

共有する端末同士のBluetoothとWi-Fiを有効にします。

近くの端末は、Bluetoothを使って判断します。Wi-Fiの接続先は異なっていても問題ありません。

 

送付先のiPhoneの設定

「設定」⇒「一般」⇒「AirDrop」で設定をします。

「設定」のあと、「一般」を押します。

 

「AirDrop」をタップします。

 

「すべての人」を選択します。

送信元の操作

共有したい画像か動画を表示させて共有ボタンを押します。

 

もし、送信先の端末が近くになければ以下のように表示されます。

 

あとは、転送したい画像を選択し、転送先をタップします。

 

送信先の操作

あとは、なにもしなくても転送されます。

 

 

まとめ:AirDropは超便利

AirDropは、iPhone / iPad / MacなどのApple社製の端末しか使えない機能ですが、とても便利です。

使いこなしましょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加