iOS

iPhone SE 2020が4月24日に発売

iPhone SE 2020が4月24日に発売します。

いつもは未明から予約販売なんですが、iPhone SE 2020だけは、4月17日午後9時から予約です。

筐体は、iPhone 8と共通。

CPUは、A13 Bionicであり、iPhone 11 Proと共通です。

価格は、64GBモデルが44,800円(税別)。128GBモデルが49,800円(税別)と良心価格です。

既存のものをうまく使って安く仕上げました。安くて末永く使えそうなスマホです。

iPhone 5sのサイズが好きな私にとって残念な結果です。できれば、iPhone 5sと同じサイズにして欲しかったですね!

 

カメラは、iPhone 8と共通だが、ポートレートモードを搭載。

iPhone 8より劣るのは、3D Touchが廃止になり触覚タッチに。

 

耐水性能は、iPhone 8と共通

最大水深1メートルで最大30分間です。

ちなみにiPhone 11 Proは、最大水深4メートルで最大30分間です。

 

予備電力機能付きエクスプレスカードへ

iPhone 8は、エクスプレスカードだったため、電池が無くなると使えませんでした。

iPhone SEは、最新のiPhoneと共通で予備電力機能付きエクスプレスカードになりました。

わずかに電池が残っていれば、エクスプレスカードが使えそうです。

 

まとめ:安価で長く使えるiPhone

iPhone SEのライバルは、iPhone 11(無印)でしょう。

iPhone SE

64GBモデルが44,800円(税別)。128GBモデルが49,800円(税別)

対して

iPhone 11

64GBモデルが74,800円(税別)。128GBモデルが79,800円(税別)

iPhone 8・iPhone SE・iPhone 11』と比較すると面白いかもしれません。

3万円高いiPhone 11も魅力です。ただ46gも重たくなっているんですね(汗)

148g⇒194g

 

-iOS

© 2020 PCまなぶ