バランスの良さはProよりiPhone 11

iPhone 11 Proが発表されて地味に良いのがiPhone 11です。

64GBだと容量が少ないので、64GBより上となると、iPhone 11 Proの256GBかiPhone 11の128GBです。

税込で考えると132,624円か87,780円となると、バランスが良いのは、後者です。

PROは、1.5倍以上も高いです。

基本をしっかりとおさえたiPhone 11

iPhone 11は、意外にも弱点と思える部分が少ないです。

カラーバリエーション

Proは、4色構成に対して、6色構成です。落ち着いたブラックやレッドまであります。Proよりも豊富です。

 

CPUは、Proと同じA13 Bionic

新CPUは、前モデルに対して最大20%高速になって、バッテリーの持ちもXRより1時間も長くなっています。

Proと同じCPUは、お得です。

防水性能も高い!XSと同等

防水性能はProの水深4mで最大30分に対して水深2mで最大30分です。

水深2mで最大30分は、XSと同じであり、XRの1m 最大30分より優れています。

カメラレンズは同じWレンズでもXSとは大きく違う

Proに比べて大きく劣るのは、レンズの数です。XSと同じレンズの数ですが、大きく異なります。

望遠は拡大でカバーして、XSに出来ない超広角を採用しているため、ダイナミックな写真を撮影出来ます。

  • XSは広角 + 望遠
  • 11は広角 + 超広角

 

XSにはないナイトモードを搭載

広角は、Pro,XSとも同じ ƒ/1.8絞り値です。苦手だと言われている暗い撮影も、得意になりました。

 

超広角は、下から撮影すると迫力のある写真になります。

使いこなすには、ちょっとしたコツが必要です。

 

QuickTakeを使うと、撮影から瞬時に動画に移れる

撮影と動画の両方を同時にするのは、結構大変です。シャッタボタンを押したままスライドすると、動画撮影に移れるとのことです。Proと同等の機能です。

 

内向きカメラは、広角になってスローモションに対応

どちらかと言えば、若者に受けが良さそうです。

 

Face IDは、最大30%高速になり、さまざまな距離・広い角度をサポート

Face IDはとても便利ですが、少しでもずれると認証しないデメリットがありました。

距離・角度ともに広くなり、3割も高速になったので、使い勝手が大幅によくなっています。

まとめ:iPhone XSよりも魅力的な製品!しかも低価格

今までのiPhoneは、高すぎるイメージがありました。

高すぎるのはProという名前で消費者から理解をえて、コスパを考えるとiPhone 11がベストな選択になります。

決して廉価版というものではなく、多くの面で私が持っているiPhone Xより良くなっています。

デバック用: FB:7 TW:2 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加