たぶん最小サイズ!コンパクトなITXパソコンを自作する

Mac mini 2018を使っていると、超小型なのに高性能でうっとりします。

Mac mini 2018のサイズは、3.6cm × 19.7cm × 19.7cm 容量は 1.39Lです。

負けじと高性能な小型パソコンを作ろと頑張ってみました。

最小のITXケース

本当に最小かは不明ですが、「RGEEK PCケース」を選択しました。

今回注文したのは、8cm × 19.7cm × 19.7cm Mac miniに比べて高さが5.5cmほど高いもの。

※日本では販売していないですが、6.5cmのケースもあります。これなら3cmぐらいの高さの差で済みます

高さ6.5cmは、こちらで注文ができます。

RGeek Official Store

以下の組み合わせが良さげです。

RGEEK PCケース 5,488円
ACアダプター電源 キット 2,000円
汎用ACアダプター 2,120円
CPU Core i7-8700 37,761円
マザーボード STRIX H370-I 15,717円
メモリ 8G×2 10,755円
970 EVO 14,980円
合計 88,821円

 

購入したもの

ケース類で言えば以下の3つです。

RGEEK PCケース

 

ACアダプター電源 キット

普通の12V電源を、マザーボード・CPU・SSD・5インチドライブ用に分配するキット

汎用ACアダプター

普通の12V 10A出力のアダプター

 

とても扱いやすいケース

とても使いやすかったです。蓋を閉めるところは苦労しました。

Thin Mini-ITXケースは駄目!

Thin Mini-ITXケースを使えば、高さをあと3cmほど短くすることができます。

最小クラスのケースは、「SilverStone Thin Mini-ITXケース ブラック SST-PT13B-USB3.0」です。マザーボードがMini-ITXだと駄目で「Thin Mini-ITX」である必要があります。しかし、「Thin Mini-ITX」のマザーボードは、第7世代までのマザーしか存在しません。

ECS H310CH5-TI』があるらしいのですが、日本での発売が見当たりません。

18.6cm x 4.2cm x 18.1cm 容量1.42L

ACアダプター付は、こちらです。

この超小型ケースであっても、体積ではMac miniに負けます。しかもMac miniはアダプターなし。完売です。

CPUクーラーを別途準備しないとケースに収まりません。TDP 65Wまで対応しているクーラーです。

Thin Mini-ITXのマザーが登場したら試したいですね!

まとめ:コンパクトな自作パソコンを作ろう

小さくて高性能なパソコンを作ると気分が良いです。

本記事を参考にチャレンジしてくださいね!

デバック用: FB:1 TW:1 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加