【修正&加筆】PROTREK PRW-1300GJ-1JR用にゴムバンドを入手

以下の点を修正&加筆しました

  • 現在でもゴムバンドのPROTREK があり
  • ゴムバンドのデメリット
  • PROTREK の良さ
  • 使い方

まとめ付近に追記してあります。


私は、PROTREK PRW-1300GJ-1JRを愛用しています。

2007年秋に発売したものでスキー専用です。ウェアの上にする時計が気に入っています。

電波ソーラー時計と言うもので、時間が正確で電池交換が不要であることが特徴です。

ゴムバンドがボロボロになって、スキーウエアの上から装着できない情けない状態が続いていました。

純正のゴムバンドは販売終了になっていましたが、代替品で解決できましたのでシェアします。

購入したもの

PRW-1300GJ-1JRには、ゴムバンドと普通のバンドの2種類が付属しています。

ゴムバンドが使えなくなってしまったので、もう一つのバンドでしのいでいました。

上が、新たに購入したゴムバンドです。

 

マニュアルがついていないため、備忘録用に写しました。

 

このようにして通します。1分後に、この写真が役に立ちました。

 

機種について

ご参考程度に写しました。

 

Googleで『プロトレック ゴムバンド』で検索して解決

色々検索しても見つからないので注意が必要です。

以下の2店舗だけでした。

黄色のゴムバンド

 

 

オレンジのゴムバンド

 

ゴムバンドのデメリット

昨日、久しぶりにゴムバンドを使いました。とても不便なデメリットを思い出したので追記します。

すばりウェアを脱いだ時に無くしやすいことです。

大抵、ウェアについています。下に落とす可能性もゼロではないので注意が必要です。

PROTREK の良さ

  • 雰囲気&長く使える
  • 高度がわかる
  • 温度がわかる
  • 方向がわかる

雰囲気&長く使える

アウトドアに最適です。10年使った時計も、この通りです。

方位がわかる

私には、あまり関係ないですが右上のボタンでわかります。

温度がわかる

服の温度も関係するため、左上のセンサーの位置に気を付けてください。

標高がわかる

現在いる標高がわかります。

使い方

あと1点だけ知っていると十分でしょう。ADJUSTを押すと日付⇒高度⇒曜日などに変わります。

まとめ:まだまだ現役

ゴムバンドは、新しく発売されていないので人気がないようです。

気に入っているので、もうしばらく使います。

新しいPROTREKも良さそうですね。シンプルなGショックも捨てがたい。

PROTREK 通常版

PROTREK ゴムバンド版

Gショック

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加