2020年春の新機能!クラウド経由でWindows 10を再インストールする

動画版も作りました。

 

以前からMacで出来た機能が、ついにWindows 10でも出来るようになりました。

いままでは、最新のインストールメディアを作る必要がありました。

例えば、インストールDVD , インストールUSBです。

それがインターネットに接続するだけで、インストールメディアなしにWindows 10をインストールできます。

クラウドインストールのメリット

クラウドサーバーがどれだけ余力があるかに依存すると思います。最新のOSがインストールできることは、大きな魅力です。

  • Windowsを再インストールするより信頼性の高い
  • インターネットの速度によって高速にできる
  • USBメモリやDVDの必要なし

操作方法(Windows 10が起動する場合)

[Windows]+[I]などお好きな方法で「Windowsの設定」ウィンドウを表示し、「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

「回復」をクリックし、「このPCを初期状態に戻す」の「開始する」をクリックします。

 

どちらでも、クラウドダウンロードできます。お好きな方をクリックしてください。

 

「クラウドからダウンロード」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

「リセット」をクリックします。

 

あとは、ひたすら待つだけです。思いのほかダウンロードも速くて良かったです。

 

ここからは、いつも見慣れた画面になります。

 

放置しただけで復活しました!素晴らしい

操作方法(Windows 10が起動できない場合)

Windows 10を起動すら出来ない場合は、Windows REから実行できます。

「トラブルシューティング」をクリック

 

「このPCを初期状態に戻す」をクリックします。

 

どちらでも、クラウドダウンロードできます。お好きな方をクリックしてください。

 

「クラウドダウンロード」をクリックします。

 

あとは同じ繰り返しのため、割愛します。

リカバリUSBの作成

Windows 10がまったく起動しない場合もあります。

Windows REすら起動しない場合は、Windows RE用USBから起動します。

起動するパソコンでリカバリ用USBを作りましょう。

 

今回は、クラウドインストールするので、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」のチェックを入れます。「次へ」をクリックします。
※チェックを入れないと、クラウドのダウンロードができませんでした。

 

「次へ」をクリックします。間違えると致命的なので、しっかり確認してください。

 

「作成」をクリックします。

 

「完了」をクリックします。

 

USBから起動するとWindows REが立ち上がります。回復ドライブには対応していません。

回復ドライブに入っているので、確かに不要と言えば不要かもしれない。

※最新版の2020年2月25日版 Build 19041でもダメでした。静観したいと思います。

まとめ:インストール用USBメモリが不要になる素晴らしい機能

インストールメディアすら不要になることは素晴らしいことです。

Macでびっくりした機能ですが、Windowsでも出来るようになって嬉しいです。

関連URL

Windows10の裏技100連発

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加