WordPress アドレス (URL)を間違えて登録したときの対処方法

ロリポップ・Xサーバー・さくらサーバーを使っていると、「WordPress アドレス (URL)」を間違えて登録してしまう場合があります。その対処方法について執筆します。

間違えるとログインが出来なくなり使用不可能になる

「WordPress アドレス (URL)」や「サイトアドレス (URL)」を間違えると、ログインが出来なくなり修正すら出来なくなります。

何年もWordPressを触っていると誰もが焦る罠です。

簡単に回復する手段がWordPressに備わっているので焦ることはありません。

サクッと解決できます。

wp-config.phpに以下を追加するだけです。

define('WP_HOME','正しいURL');
define('WP_SITEURL','正しいURL');

例えば、今回では "http://pcmanabu.com" が正しいURLなので以下のように記述します。

define('WP_HOME','http://pcmanabu.com');
define('WP_SITEURL','http://pcmanabu.com');

 

さっそくXサーバーで実現する

基本的に「ロリポップ」や「さくらサーバー」でも同じです。

Xサーバーの「ファイルマネージャ」にログインします。

※FTPで行っても可能です

サイト名⇒public_html⇒wp-config.phpと順にクリックします。

※サービスプロバイダによってディレクトリが変わります。

 

ファイル名ではなく、ファイルアイコンをクリックします。

 

「編集」をクリックします。

 

一番にスクロールして、追記します。「保存する」をクリックです。

適宜、URLを適切なものにしてください。

 

以上で、再びログインできるようになります。

ログインすると、グレーアウトになっているので確認してください。

今ふと思ったのですが、ここで一番下の「更新を保存」をクリックすれば、新しい正しい状態に上書きされるかも。

 

このまま放置すると、CSSの絶対パスなどが崩れたままのようです。

wp-config.phpを元に戻してください。

 

次回みると、グレーアウトした部分が元の間違った状態に戻ります。

素早く正しいURLにしましょう。

「変更を保存」を忘れずにクリックです。

 

以上で、完全に間違えた前の状態に戻るハズです。

間違えた場合は、実施してください。

まとめ:引き出しを増やせ

お友達が間違えたとのことで、対処させて頂きました。

私も、初の試みでしたが、難なくできました。

※誰も間違えると書いたのはウソです(笑)

 

間違えた場合には、お試しください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加