スマートフォン(電話)連携!スマホで閲覧した続きをWindows PCで参照する

「Windows 10 Fall Creators Update」からスマートフォン連携が強化されました。

2017年8月17日に試したときは、上手く動かなかったですが、時間が経過したため上手く動くようになったと思います。

再チャレンジしました。スマートフォンで閲覧した続きをWindows PCでもシームレスに読めるようにしたものです。

対象OS

Windows 10 Fall Creators Update以降の「Windows 10 Home」および「Windows 10 Pro」

この機能を利用するには、マイクロソフト アカウントが必要です。

対象スマートフォン

  • Windows フォン
  • iOS
  • Android

質問

Windows 10 の設定画面で、「電話」が追加されました。どのような機能か知りたい。

回答

マイクロソフトのアプリをスマートフォンにインストールすることで、デバイス間をシームレスに操作できるものです。

現在のところ、ブラウザの閲覧の続きをWindows PCで出来るというものです。

※ChromeとGoogleアカウントを使えば、簡単・柔軟に実現できることなので、ありがたみは少ないです。

おまけの機能として、Excel・Word・Skype・PowerPointなどをインストールできる仕組みもあります。

 

実施方法

「電話」をクリックします。

「電話の追加」をクリックします。

国番号の所ををクリックします。「j」キーをゆっくりと4回押すか、「jp」と素早く入力すると簡単に「JP(+81)」を選択できます。

そして電話番号を入力します。

スマートフォンにSMSが届きます。記載しているURLをクリックします。

「インストール」をクリックし、終了したら「開く」を選択します。

起動して進むと以下の画面が表示されます。これで同期ができます。

ランチャーは使いにくいので、使わなくて良いです。

スマホで閲覧したあと、同様にPCで閲覧するのは、ランチャーを使わなくても使えます。

スマホで閲覧したあと、同様にPCで閲覧したい場合

ブラウザ依存なくできます。Chromeも可能です。閲覧している画面で「・・・」をクリックします。

「共有」を選択します。

「PCで続行」を選択します。

起動しているパソコンの一覧が表示されますのでクリックします。

すると、パソコン側でブラウザが自動的に起動します。私が普段使っているのがChromeで既定に起動するように設定していますが、エッジが起動しました。

Windows側で参照すると登録されていることがわかります。

まとめ:スマホの閲覧からシームレスにWindows PCに移ることができる

Chromeが実現したことを、Windows PCでも同様にできるようにした機能です。

今更な感じもしますが、マイクロソフトの立場になれば大きな一歩ですね。

やっと使えるようになりましたが、使い勝手が悪くChromeの方が何歩もリードしている感じがしました。

デバック用: FB:5 TW:2 Po:2 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加