スマホ連携 WindowsからSMSメッセージを送付する

2018年10月4日に執筆した時点では、iPhone未対応などイマイチでしたが、いよいよ対応しましたので大幅に見直しました。


Mac・iPadでは、iPhoneと連携してSMSメッセージを送付することが可能です。

とても便利ですが、気持ち悪いです。近くにある端末だけSMS連携してメッセージが表示されるとのこと。

Windows 10 October 2018 Updateから、パソコンでも連携したスマートフォンのSMSを送信することができるようになりました。

わざわざスマートフォンを取り出さなくてもパソコンから返信できます。

動作条件

Android 7.0 以降かiPhone

Windows 10 Version 1803 以降(2018年春提供)が実行されている PC

スマホは Wi-Fi に、PC はインターネットに接続されている必要があります。

セットアップ方法

Windows 10で「Microsoft アカウント」にサインインします。

「スマホ同期」アプリを起動します。「スタート」のさ行にあります。スタートボタンをクリックして探すか、検索するところに「スマホ同期」と入力してください。

※Windows 10の標準アプリです

 

起動できましたら、該当するスマホの種類を選択し、「開始」をクリックします。

 

iPhoneの場合

iPhoneを選択し、「開始」をクリックします。

 

「スマートフォンをリンクする」をクリックします。

 

スマホの電話番号を入力して「送信」を押します。

※ここからダークモードに対応していないため、白地になります。

 

「閉じる」ボタンをクリックします。

 

iPhoneに移動します。タップします。

 

iPhoneの場合は、「Microsoft Edge for iPhone」に移動します。

※Androidの場合は、「Android 向けスマホ同期管理アプリ」です

 

「入手」をタップし、開きます。

 

「Microsoftアカウントでサインイン」をクリックします。

 

マイクロソフトアカウントを入力して、「次へ」をタップします。

 

パスワードを入力して「サインイン」をタップします。

 

「確認」をタップします。

 

メールに届いた番号を入力します。

 

(ご参考)メール内容について

全て英語です。

From: Microsoft account team <account-security-To: hogehoge@nifty.com
Subject: Microsoft account security codeMicrosoft account
Security code
Please use the following security code for the Microsoft account *******@nifty.com.
Security code: 1234567
If you don't recognize the Microsoft account *******@nifty.com, you can click here to remove your email address from that account.
Thanks,
The Microsoft account team

 

「はい」をタップします。

 

無事に起動することが出来ました。

 

Windows側の「スマホ同期」アプリを起動します。

残念ながら2019年3月11日をもってしてもiPhoneだと「Microsoft Edge for iPhone」経由でのWeb閲覧だけで、SMS連携はできません。

こんなところで、カミングアウトされても困ります。

Androidの場合

スマートフォンにインストールするアプリを受け取ることができるように、携帯電話番号を入力します。送られて来るアプリの種類は、スマートフォンのタイプによって異なります。送られて来るアプリは通常、Androidの場合は、「スマホ同期管理アプリ」です。

※iPhoneの場合は、「 Microsoft Edge for iPhone」

 

Androidを選択し、「開始」をクリックします。

 

「スマートフォンをリンクする」をクリックします。

 

電話番号を入力して「送信」をタップします。

 

「閉じる」ボタンをクリックします。

 

スマーフォンにSMSメッセージが届きました。クリックします。

 

インストールします。

 

設定が無駄に多くもっさいです。

「PCの準備完了」にチェックを入れて「PCに接続します」をタップします。

 

「Microsoftアカウントでサインインする」をタップします。

 

「続行」をタップします。

 

以上で、終了しました。

 

「通知の送信」を押します。スマホ側でも承諾してください。

 

SMSメッセージを見てみましょう。

 

見ることができます。

 

返信もできます。

まとめ:洗練度は、今一つ

iOSやmacOSのパクリで実現した本機能です。

SMSや写真の連携は、WindowsとAndroidのため、連携が悪く今一歩です。

ただ、Android限定とは言えSMS連携ができるようになったことは、大きな一歩です。

Androidに限っては、自動的に写真の連携もできるようになります。

iPhoneは、これだけ手間暇をかけて「Microsoft Edge for iPhone」のインストールのみ。SMSも写真連携もできないとは、おそまつだと思います。

関連URL

スマートフォン(電話)連携!スマホで閲覧した続きをWindows PCで参照する

デバック用: FB:2 TW:3 Po:6 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加