【チューニングキット MS 261 - ピコスーパー】STIHL MS 261 C-Mの切断スピードを2割アップさせる

4月2日に執筆した記事に対して、写真や調べたことを追加しました。

 

MS261シリーズは、通常.325ピッチの1.6mmのソーチェンが使用されています。

スチール ソーチェン ラピッドマイクロ 26RM(.325”/.063”) です。

 

ラピッドマイクロは、半角刃であり切れ味がするどく長持ちする特徴があります。

一方でマニアに人気があるのは、角刃の薄いタイプです。0.3mmほど薄くなり強度が若干弱くなりますが、スピードが2割アップするとのことです。

YouTubeで複数の投稿を確認しました。2割の差は大きいと感じました。

 

チューニングキット MS 261 - ピコスーパー

マメに刃を手入れする方に良いとのことです。

チューニングキット MS 261 - ピコスーパーを購入すると、使うために必要なバーとリムとソーチェーン3つがついてきます。

MS 261 Tuning kit

装着方法

リム式なので簡単に交換できます。

黒いピンを誤って飛ばさないように気を付けながら、ずらすように外します。

MS 261 C-M付属のマイナスドライバーで十分とのことでした。

 

銀色の丸い部品の裏表を気を付けながら取り外します。戻した時に裏表が逆にならないように覚えておきます。

リムの写真です。混同しないようにバーと一緒に撮影しました。

 

リムを取り付けます。マイナスドライバーよりも、ペンチの方が確実にできるとのことです。

 

「チューニングキット MS 261 - ピコスーパー」のソーチェーンです。MS201は55コマですが、本製品は60コマあります。超注意です。

 

「チューニングキット MS 261 - ピコスーパー」のバーです。MS-201では使えないので気を付けてください。

重さの違いについて

調べてみました。プロの林業家の話でも200gなどわずかな差でも大きいと聞いています。やはり337gや491gの軽量化のメリットは大きいと感じました。

本体は、4.9kgと重たいです。

バー ソーチェン リム 合計 キットとの差
標準50cm 1050.5g 306.0g 20.7g 1377g 491g
標準45cm 963.0g 278.8g 20.7g 1263g 337g
チューニングキット 655.5g 202.0g 28.5g 886g -

コマ数について

角刃は、マメなメンテナンスが必要と書きましたが、コマ数によって1回に対する研ぐ回数も違うと思います。明記します。

コマ数
標準50cm 81
標準45cm 74
チューニングキット 60

まとめ:ヤスリは4mm MS201およびMS241ユーザーにも良い

MS201およびMS241の方は、大抵4mmの丸ヤスリを使います。流量できるためMS261c-mを愛用している方にも良いです。

切断スピードは20%アップしますが、マメにヤスリが必要になるためトータル時間は互角と見ました。

だとしても、作業時の2割スピードアップは大きなメリットです。

また軽量化もされるため、興味のある方は「チューニングキット MS 261 - ピコスーパー」を活用ください。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加