【Twitterの要所】Twitterカードを使ってクリック率を上げよう

Twitterの公式機能であるTwitterカードを導入しよう。

何も知らずにTwitterに投稿すると寂しい感じになります。

Twitter投稿例

当初、私も理解していなかっため、投稿結果Aのように寂しい状況になっていました。

テスト投稿 Twitterカードに対応すると、こんな感じになります。
https://t.co/PKMNQML0uX

投稿の様子です。

投稿結果A:初回投稿

いきなり、執筆した記事を投稿すると、以下のように寂しい感じになります。

投稿結果B:2回目投稿

1回投稿するとキャッシュに残るようになります。そのため2回目に同じ内容を投稿をしても以下のようになります。

URLの記述がなくなりスマートになります。

投稿結果C:Twitterカード対応後

ここからが、本題です。Twitterカードに対応するため2行を追加すると以下のように改善されます。

後述のcontent="summary_large_image"を追記することでFacebookと同じような見た目になります。

投稿結果D(ご参考)画像を追加した場合

Facebookと同様に画像などを追加するとTwitterカードは、利用されません。ご参考までに。

Twitterカードとは

ブログとSNSを連携させる機能としてOGPがあります。

OGPとは、Facebook・ TwitterなどのSNSでシェアされた際に、そのページの タイトル・ URL・概要・アイキャッチ画像( サムネイル)を意図した通りに正しく表示させる仕組みのことです。

超簡単!Twitterカードに対応する

STEP1ヘッダーに2行を追加

STEP2「Twitterにテスト投稿する」or「Twitter検証ツールを利用する」

STEP1:初回だけ。ヘッダーにmetaタグを追加する

FacebookのOGPに対応していれば、たった2行を追加するだけです。

@は、ご自分のアカウント名を入力してください。

<meta name="twitter:card" content="summary_large_image">
<meta name="twitter:site" content="@pcmanabucom" />

STEP2「Twitterにテスト投稿する」or「Twitter検証ツールを利用する」

Twitterにテスト投稿して、そのツイート削除することの説明は、割愛します。

Card Validator - Twitter』を使います。Validator とは検証と言う意味です。

まとめ:Twitterカードを理解して効率的に活用しよう

Twitterカードは、クリック率を上げるために有効です。仕組みを理解して活用しましょう。

デバック用: FB:1 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加