【Windows 10】インターネットに接続されていない時のアイコンが変更

2019年春バージョンとなるRedstone6の提供が始まっています。

Windows 10 Insider Preview Build 18252が2018年10月3日に提供されました。

ネットワーク関係が改善

今回の改善点は、以下の2つです。

  • インターネットに接続されていない時のアイコンが新しく
  • イーサネットの設定が「設定」ウィンドウでできるように

インターネットに接続されていない時のアイコンが新しく

有線と無線に関係なく、インターネットに接続されていない時のアイコンが新しくなりました。

 

2018年秋バージョンのアイコン(ご参考)

有線と無線に関係なく、このアイコンです。確かに無線LANが中心の時代には、合わなくなっています。

 

イーサネットの設定が「設定」ウィンドウでできるように

いままでコントロールパネルを使って変更していたIPアドレスが、「設定」ウィンドウからできるようになりました。

 

IPアドレスを設定した機器をクリックします。無線か有線かによって「Wi-Fi」と「イーサーネット」が変わります。

 

IPv4かIPv6か両方かの設定をします。

 

IPv4の設定例です。

まとめ:ネットワークのアイコンが変わることを知っておこう

コントロールパネルが起動しにくくなったことから、今後は「設定」で行う人が増えるでしょう。

インターネットに接続できないときにアレ?アイコンが変と思うことにとになります。

アイコンが変わることを事前に知って、スムーズに作業をしましょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加