【Windows 10】クラウドクリップボードを活用する

2018年秋に提供されるWindows 10 RS5から、パソコン間でクリップボードが活用できるようになりました。

Appleの製品は2017年春から出来た機能が、ついに2018年春から利用できるようになります。

 

クラウドクリップボードを使用すると、電話番号などの文字列をコピーして別のデバイスでペーストすることができるようになります。

Apple社の製品と同様に、使いやすくなりました。

複数のアイテムをクリップボードに保存して、選択したデバイスで張り付けることができます。新しい「スクリーンショット」機能と組み合わせると、便利です。

クラウドクリップボードを利用する方法

「設定」から「システム」を選択します。

「クリップボード」をクリックします。

まず、「複数の項目を保存」をオンにします。これは、アクションセンターの「画面領域切り取り」を使用している場合にも便利です。

次に、「デバイス間で同期する」をオンにします。

これで、Microsoftはさまざまなデバイス間でデータを同期させることができます。また、クリップボードを開いて、同期するテキストのビットを選択することもできます。

 

クラウドクリップボードを利用するには、どちらのPCもWindows 10 RS5以降を利用している必要があります。

利用をするには、[Windows]キー+[V]です。

もし、 「複数の項目を保存」をオンし忘れると以下のような表示なります。

 

クラウドクリップボードは、「複数の項目を保存」と「デバイス間で同期する」をオンにした端末から有効になります。

面白いです。

 

アクションセンターの「画面領域切り取り」と一緒に利用してください。

[Windows] + [A]で表示されます。

※Aは、アクションセンターのAです

 

まとめ:クラウドクリップボードは便利

複数のクリップボードが記憶できる本機能は、便利です。

ぜひ次期Windows(2018年秋)から使いこなしてください。

デバック用: FB:1 TW:1 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加