超便利!アクションセンターに「画面領域切り取り」が追加

Windows標準の矩形キャプチャーと言えば以下の3つがあります。

今回は、2018年秋からアクションセンターに新しく搭載される「画面領域切り取り」を中心にお伝えします。

  • Snipping Tool
  • [Windows]+[Shift]+[S]
  • 「画面スケッチ」の「画面領域切り取り」

Snipping Tool

Windows 7から搭載された頼もしいキャプチャーツール。2015年春から「遅延」機能も搭載されました。

今でも遅延機能が使えるのは、「Snipping Tool」です。

[Windows]+[Shift]+[S]

2017年春から使えるようになった矩形ショートカット。遅延は使えないけど、ショートカットを覚える余力のある人にとって頼もしいショートカットです。

本題:「画面スケッチ」の「画面領域切り取り」

今回のテーマです。「画面スケッチ」は、以前からありましたが、起動方法がわかりにくいためペンを持っているユーザー以外は、あまり使われることがありませんでした。

2018年秋からわかりやすい場所に「画面領域切り取り」が出来たことから多様されることでしょう。

使い方

[Windows]+[A]か通知のアイコンをクリックします。

 

「画面領域切り取り」をクリックしましょう。

 

3つのキャプチャーから選択できます。残念ながら「遅延」はありません。

 

自由な形にキャプチャーするモードは、実用性が謎ですが楽しいです。

 

キャプチャーすると。自由にペンで追加することもできます。

元々は、ペンタブレット用に開発されたアプリなので充実しています。

まとめ:2018年秋から使いこなそう

残念ながら遅延がないため、すべてを置き換えるにはいかないです。

Snipping Toolや[Windows]+[Shift]+[S]も含めて適材適所で使いこなしていきましょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加