【Windows 10】SDカード内のデータを誤って削除してしまった場合の対処方法

私ごとですが、とある夕方に電話がかかってきました。

内容は、カメラで撮影したデータを誤って削除してしまったとのこと。

早速対応しましょう。

今回は、数ある中から「Data Recovery Wizard」をご紹介

万が一の時は、一番信頼できるソフトウェアで復元したいものです。今回のData Recovery Wizardシリーズは以下の特徴を持っています。

  • 驚異の復元率
  • フォーマット済ドライブも復元可能
  • 復元するファイルをプレビューできる

注意点

大切なデータを削除したSDカードは、書込禁止にして触らないようにしましょう。もし撮影などをしてしまうと削除されたデータ上に上書きされる可能性があります。

ファイルを消した瞬間は、データを消したと情報が書き込まれるだけで、大切なデータは残っています。

撮影などをして、画像データ等を上書きすると、消えてしまう場合があるので、焦らずに書き込み禁止にしてください。

2GBまでならData Recovery Wizard Free

名前の通り、無料のリカバリーソフトです。驚異の復元率で定評のあるソフトを2GBまでと言う条件の中で実現できるものです。

今回も、このソフトを使って無事、復元することができました。

データ復元ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free |EaseUS公式サイト無料

一生使る!Data Recovery Wizard Pro

復元ソフトの中では高価な部類になりますが信頼性が高いです。他の復元ソフトで駄目だったかたもお試しください。

EaseUS Data Recovery Wizard Professional 11

使い方は、超簡単

一生懸命執筆しようと思ったのですが、説明がいらないぐらい超簡単です。

ソフトウェアをインストールして書込禁止にしたSDカードをいれます。

※書き込み禁止にしなくても大丈夫ですが保険として実施すると安心です

「Data Recovery Wizard」を起動して復元したいSDカードを選択し、「スキャン」を押します。

そのまま暫く放置しましょう。ずいぶん前に削除したファイルも検出できています。

画像だけなど、復元するファイルを限定できるなら実施してください。

復元先を設定します。64GBバイトのSDカードですが、いろんなデータを追加削除しているものです。

114GBになっています。

「画像」だけを復元するようにしました。復元先は、大容量のHDDの中に「リカバリーテスト」と私が命名して実施しました。すると、「Recovered data 06-26 08_03_52」な感じで復元日と時間が自動的に入って復元されます。

正直、その配下の違いはよくわからないのですが、復元可能な状態であれば、データが復元できていると思います。

クィックスキャン結果
+既存のパーティション(EXFAT)

ディープスキャン結果
+その他の紛失ファイル(RAW)
+既存のパーティション(EXFAT)
+特別な失われたファイル(Lab)

まとめ:慌てず対処しよう!

いろんな復元ソフトがある中で復元率が高いソフトを紹介しました。

万が一、大切なデータが消えてしまった場合には、お試しください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加