レビュー GTX1080越え!ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 SUPER AMP

Ryzen 9 3950Xと相性抜群のZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 SUPER AMPを購入しました。

GTX 1080よりベンチマークの性能は良いです。GTX 1080とGTX 1080 Tiの中間ぐらいの性能です。

 

今どきのビデオカードの選び方(GPUで選ぶ)

選ぶには3つの視点があると感じました。まずはGPUで選ぶです。

メインストリーム  GTX 1660

メインストリームは、1660 / 1660 SUPER / 1660 Tiと多岐にわたります。1660 TiであればGTX 1070よりも早いと言う優れものです。

私にとってハイグレード RTX 2060

ゲームをやらない私にとってGTX 1660でもオーバースペックなのですが、GTX 1660 TiをMini ATXに搭載してしまいました。

同じGPUだとつまらないので、3950Xは、一つ上のグレードにしました。

 

今どきのビデオカードの選び方(背中で選ぶ)

私がZOTACさんの製品を買うときに意識しているのが背中です。

ZOTACさんはグレードにより、背中がかっこいいのと、裸のものがあります。

裸仕様・今はありえん。

 

背中は鉄で守られているとうれしいです。

今どきのビデオカードの選び方(長さで選ぶ)

ビデオカードは基本的に短いものを選べば良いです。

よってRTX 2060であれば以下の製品になります。

 

ただ、短いヤツは、色が銀色で気に入らなかったです。長いグラフィックカードは色がカッコ良かったので、これにしました。

長さは、ベストでした。長さがオーバーしないように気にする必要があります。ベストフィットでした。

 

RTX 2060の短いバージョンは、なぜか色がシルバーでイマイチです。

短い方は色が気に入らなくて、長いこの製品になりました。

 

背中も美しいです。私は、見た目から入るので、とても重要です。

 

ZOTACの場合は同じGPUでも豊富にラインナップがある

ZOTACは、とにかくGPUのラインナップが豊富で同じGPUでも3つぐらいグレードがあります。

GPUの種類によって、どんな種類があるかが決まります。

GTX 1660だと背中が裸の製品がありますが、RTX 2060クラスになると、背中が裸の製品はありません。

 

本製品なら、横もLEDライトがあっていい感じです。

 

RTXの特徴といえばレイトレーシング

アプリケーションが対応していれば、光の表現や反射がきれいになります。フレームレートを犠牲にするため、好みがわかれるところです。

RTXの特徴といえばDLSS

DLSSに対応していれば、AI機能を使って効率よく処理ができるため、グラフィックの輪郭部分が高画質になって鮮明になり、フレームレートも向上します。

まとめ:宝の持ち腐れだけど士気が上がる

今回もいい買い物をしたと思います。

私は、ゲームをしないため、最高に負荷がかかるとしても4K動画の書き出しぐらいです。

同サイズでZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 Ti Twin Fanまで目指せます。

夢が広がりますね!

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加